赤十字救急法救急員

赤十字救急法救急員に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。赤十字救急法救急員の資格取得なら、資格DBにお任せください。



赤十字救急法救急員の資格取得ガイド

赤十字救急法救急員とは、怪我をした際の応急処置、骨折時等の対処法、止血法、蘇生法などを行う人を言う。日本赤十字が救急法の講座を受講した者に発行する資格。

資格区分

民間資格

受験資格

赤十字救急法救急員の受験資格は以下の通りです。

[赤十字救急法基礎講習]
満15歳以上の者。
[[赤十字救急法救急員]
赤十字救急法基礎講習修了者。

資格試験内容

[講習内容]

[赤十字救急法基礎講習] 4時間
(1)傷病者の観察の仕方
(2)一次救命処置(心配蘇生法、AEDを用いた除細動、気道異物除去)など救急法の基礎

[赤十字救急法救急員] 12時間
(1)急病の手当て
(2)けがの手当て(止血法、包帯法、固定法)
(3)搬送
(4)救護

[申し込み方法]
日本赤十字社各都道府県支部へ、申込み方法を問い合わせる。
地域、団体、各事業所、学校などで会場及び受講者(30名程度)を準備すれば、日本赤十字社各支部が指導員を派遣し、共催で講習会を開催することができる。

受験申込期間

日本赤十字社各都道府県支部により異なる

試験実施日

日本赤十字社各都道府県支部により異なる

試験地

日本赤十字社各都道府県支部により異なる

受験料

[赤十字救急法基礎講習][赤十字救急法救急員]各1500円(教材費・保険料など実費)。

合格率

資格関連書籍

赤十字救急法救急員関連の人気書籍

お問い合わせ先

赤十字救急法救急員についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

日本赤十字社各都道府県支部
http://www.jrc.or.jp/

赤十字救急法救急員について

赤十字救急法救急員に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。赤十字救急法救急員の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。