医療秘書技能検定

医療秘書技能検定に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。医療秘書技能検定の資格取得なら、資格DBにお任せください。



医療秘書技能検定の資格取得ガイド

医療秘書技能検定とは、医療機関などで保険診療の明細書を作成したり、病院の窓口会計などを主な業務とする医療秘書としての知識や能力を測る検定。

資格区分

民間資格

受験資格

医療秘書技能検定の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]
 3・2・準1・1級とも医療秘書としての資質、職務知識などが問われる。
下記の3つの領域内からの出題となる。
領域Ⅰ:医療秘書実務、医療機関の組織・運営・医療関連法規
領域Ⅱ:医学的基礎知識、医療関連知識
領域Ⅲ:医療事務(年度版指定の点数表を持参。参考書・ノート等持込自由。)

[各級の認定基準]

[3級]
それぞれの領域について、基礎的知識と技能を持ち、一般的な業務を遂行することができる。
[2級]
それぞれの領域について、一般的な知識と技能を持ち、一般的な業務を遂行することができる。
[準1級]
それぞれの領域について、専門的な知識と技能を持ち、やや複雑多岐な業務を遂行することができる。
[1級]
それぞれの領域について、高度な知識と技能を持ち、複雑多岐な業務を専門的に遂行することができる。

[合格基準]
各領域は100点ずつ配点されている。
全体で300点中180点以上正解し、各領域の正解が60%以上のとき合格となる。

受験申込期間

4月中旬~5月中旬。9月中旬~10月中旬。

試験実施日

年2回:6月中旬。11月中旬。

試験地

全国各地の約170校の会員校の一部

受験料

[3級]2800円。[2級]3800円。[1級]5100円。

合格率

51%

資格関連書籍

医療秘書技能検定関連の人気書籍

お問い合わせ先

医療秘書技能検定についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

医療秘書教育全国協議会
http://www.medical-secretary.jp

医療秘書技能検定について

医療秘書技能検定に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。医療秘書技能検定の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。