医事コンピュータ技能検定

医事コンピュータ技能検定に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。医事コンピュータ技能検定の資格取得なら、資格DBにお任せください。



医事コンピュータ技能検定の資格取得ガイド

医事コンピュータ技能検定とは、医事コンピュータによるレセプトの作成能力など操作技能の審査し認定する。3級、2級に加え、2002年度から準1級も実施されている。

資格区分

民間資格

受験資格

医事コンピュータ技能検定の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能。

資格試験内容

[試験内容]

以下の3つの領域からの出題となる。
領域Ⅰ:医療事務(60分)
領域Ⅱ:コンピュータ関連知識(60分)
領域Ⅲ:実技(オペレーション)(60分)

[3級]
領域Ⅰ:医療保険制度のあらまし、診療報酬請求から支払いまでの基礎的なシステムについて、ほか。
領域Ⅱ:PCの装置各部の名称の知識
領域Ⅲ:医事コンピュータを使用して、平均的な外来診療例のカルテ、および伝票からレセプトを作成する。

[2級]
領域Ⅰ:入院にかかわる診療報酬点数表各部の内容の理解、ほか
領域Ⅱ:レセプト電算処理システムに関する用語の理解、ほか
領域Ⅲ:医事コンピュータを使用して、平均的な外来診療例、入院診療例のカルテおよび伝票からレセプトを作成する、ほか。

[準1級]
領域Ⅰ:医療保険制度の詳細な理解、医療事務関連法規、ほか
領域Ⅱ:コンピュータの仕組みと動作、ネットワークの理解、ほか
領域Ⅲ:医事課が算出する医療機関お各種統計(病院機能指数、病院管理統計)の意味、算出方法等を理解し、提供データから正確に算出する。

受験申込期間

4月中旬~5月中旬。9月下旬~10月中旬。

試験実施日

年2回:6月中旬。11月中旬~下旬。

試験地

全国各地の約170校の会員校の一部

受験料

[3級]6000円。[2級]7000円。[準1級]8000円。

合格率

52%

資格関連書籍

医事コンピュータ技能検定関連の人気書籍

お問い合わせ先

医事コンピュータ技能検定についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

医療秘書教育全国協議会
http://www.medical-secretary.jp

医事コンピュータ技能検定について

医事コンピュータ技能検定に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。医事コンピュータ技能検定の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。