医療保険士

医療保険士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。医療保険士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



医療保険士の資格取得ガイド

医療保険士とは、病院などで保険診療請求書の作成や会計事務を行うための専門知識や技能を見極める資格試験。通信講座を受講し、修了検定試験に合格した者に付与される称号である。

資格区分

民間資格

受験資格

医療保険士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受講可能

資格試験内容

[講習内容]

[基礎編]
(1)医療保険制度
(2)基本診療
(3)投薬
(4)注射
(5)処置
(6)リハビリテーション
(7)手術
(8)検査
(9)画像診断
(10)入院
中間テスト

[実習編]
カルテをもとに診療報酬明細書(レセプト)の作成
中間テスト

1日1時間程度の学習で、中間テストの添削期間を含め標準養成期間は4ヶ月の通信講座。4ヶ月で医療事務が十分に理解できるようカリキュラムが組まれているが、1年間の有効期間がある。また、学習中の質問には電話か手紙で対応する。
中間テスト全てに合格すると、修了検定試験を受験できる。

[終了試験]

修了検定試験に合格すれば、医療保険センターに入会ができる。
修了試験は毎月実施されており、不合格者は翌月にも再試験(試験料4000円)が可能である。また講座終了後、希望者を対象に「医療保険センター」の会員として様々な指導を行っている。

受験申込期間

随時

試験実施日

試験地

受験料

[受講料]46000円。(入学金、テキスト代込み)

合格率

資格関連書籍

医療保険士関連の人気書籍

お問い合わせ先

医療保険士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

医療保険学院本部事務所
http://www.mic-kk.co.jp

医療保険士について

医療保険士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。医療保険士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。