管理業務主任者

管理業務主任者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。管理業務主任者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



管理業務主任者の資格取得ガイド

管理業務主任者とは、受託した管理業務の進捗状況の点検、報告等マンション管理のマネジメントを担うための国家資格。

資格区分

国家資格

受験資格

管理業務主任者の受験資格は以下の通りです。

年齢、性別、学歴等の制限は無く、誰でも受験可能。
管理業務主任者として業務に従事するには、試験合格後に登録を済ませ主任者証の交付を受ける必要がある。登録を受けるには下記のいずれかが必要。
(1)マンションの管理事務に関する実務経験が2年以上ある。
(2)(社)高層住宅管理業協会が国土交通大臣の登録を受けて実施する登録実務講習(2日間、約15時間)を修了する。

※上記は2006年度の場合。年度により、受験資格の内容が一部変更する可能性がある。

資格試験内容

[試験内容]

(1)管理事務の委託契約に関すること
(2)管理組合の合計の収入及び支出の調定ならびに出納に関すること
(3)建物及び附属設備の維持または修繕に関する企画または実施の調整に関すること
(4)マンションの管理の適正化の推進に肝sる法律に関すること
(5)前各号に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること
※「マンション管理士試験」の合格者は上記(4)が免除される。

[申し込み方法]
郵送の場合:受験申込書等を受付期間内に案内書に記載された宛先に郵送する。
ネット申込の場合:(社)高層住宅管理業協会のホームページ(http://www.kanrikyo.or.jp)で必要事項を受付期間内に送信のうえ、プリントアウトした受験申込書等を指定の締切日までに、ホームページ上で指定された宛先に郵送する。

受験申込期間

9月上旬~下旬

試験実施日

12月上旬

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡。

受験料

8900円

合格率

20%

資格関連書籍

管理業務主任者関連の人気書籍

お問い合わせ先

管理業務主任者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)高層住宅管理業協会
http://www.kanrikyo.or.jp

管理業務主任者について

管理業務主任者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。管理業務主任者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。