宅地建物取引主任者(宅建)

宅地建物取引主任者(宅建)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。宅地建物取引主任者(宅建)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



宅地建物取引主任者(宅建)の資格取得ガイド

宅地建物取引主任者(宅建)とは、一般の人たちが損害を被ることがないよう、校正で円滑な不動産取引を遂行する専門家になるための試験。不動産取引の際の権利関係、物件の状態等重要事項説明は宅地建物取引主任者だけに認められた業務。

資格区分

国家資格

受験資格

宅地建物取引主任者(宅建)の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]
宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が下記7科目の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準が置かれている。

[学科]
マークシート式、択一式、出題数50問。
(1)土地の形質、地積、地目、種別、および建物の形質、構造、および種別に関する知識
(2)土地および建物についての権利および権利の変動に関する法令知識
(3)土地および建物についての法令上の制限に関する知識
(4)宅地および建物についての税に関する法令知識
(5)宅地および建物の需給に関する法令および実務知識
(6)宅地および建物の価格の評定に関する知識
(7)宅地建物取引業法、および同法の関係法令に関する知識

[申し込み方法]
郵送とインターネットによる申込みがある。
持参による申込みは廃止。

受験申込期間

郵送:7月上旬~下旬。インターネット:7月上旬~中旬。

試験実施日

例年10月の第3日曜日

試験地

受験者が居住している都道府県の会場(原則)

受験料

7000円

合格率

17%

資格関連書籍

宅地建物取引主任者(宅建)関連の人気書籍

お問い合わせ先

宅地建物取引主任者(宅建)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)不動産適正取引推進機構
http://www.retio.or.jp

宅地建物取引主任者(宅建)について

宅地建物取引主任者(宅建)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。宅地建物取引主任者(宅建)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。