不動産鑑定士

不動産鑑定士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。不動産鑑定士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



不動産鑑定士の資格取得ガイド

不動産鑑定士とは、公平な立場から不動産を調査し、適格な価格を算出して提示する専門家になるための国家資格。不動産価格の適正化を測るこの職業は社会的信用度も高い。

資格区分

国家資格

受験資格

不動産鑑定士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]
2006年度から新制度による試験が実施され、1次3次試験は廃止、1回2段階(短答式・論文式)の試験となった。

[短答式試験]
(1)不動産に関する行政法規(2時間)
土地基本法:不動産の鑑定評価に関する法律、国土利用計画法、ほか
土地緑地法:住宅の品質確保の促進等に関する法律、自然化教保全法、ほか
(2)不動産の鑑定評価に関する理論(2時間)

[論文式試験]
(1)民法(2時間):民法典代1~3編を中心に、第4・5編と、借地借家法、建物の区分所有等に関する法律を含む。
(2)経済学(2時間):ミクロおよびマクロの経済胃理論と政策論
(3)会計学(2時間):財務会計論(企業の財務諸表の作成および理解に必要な会計論、会経諸規則および諸基準。ただし、商法および商法施行規則の関連規定を含む)
(4)不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題2時間、論文問題2時間)

※試験合格後、実務修習を修了し、国土交通大臣の確認を受けた者が不動産鑑定士となれる。実務修習には修了考査が課せられる。
[実務修習]
(1)実務に関する講義
(2)基本演習
(3)実地演習
(1)(2)は数回に分けて合計数十日間程度を全国1~2会場で実施。
(3)は指導鑑定士の下で不動産鑑定評価報告書の作成に携わる。

受験申込期間

3月上旬~中旬の約2週間

試験実施日

[短答式]5月の第3日曜日。[論文式]8月の第1日曜日を含む3日間。

試験地

[短答式]北海道、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄。
[論文式]東京、大阪、福岡。

受験料

書面申請13000円(収入印紙)。電子申請12800円。

合格率

25%

資格関連書籍

不動産鑑定士関連の人気書籍

お問い合わせ先

不動産鑑定士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各都道府県の主管課または国土交通省土地・水資源局地価調査課
http://www.mlit.go.jp/

不動産鑑定士について

不動産鑑定士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。不動産鑑定士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。