建築施行管理技士

建築施行管理技士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。建築施行管理技士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



建築施行管理技士の資格取得ガイド

建築施行管理技士とは、建築工事において主任または管理技術者として施行計画を作成し、工事を管理する資格者。各工程の品質維持、安全管理に努める、建築業にとって不可欠な資格である。2級所持者は中小規模工事、1級所持者は大規模工事を扱うことができる。

資格区分

国家資格

受験資格

建築施行管理技士の受験資格は以下の通りです。

学歴・資格に応じて下記の所定の実務経験を有する者。
[2級]
(1)大学卒業者は1年。指定学科以外の卒業者は1年6ヶ月以上。
(2)短大・高専卒業者は2年。指定学科以外の卒業者はは3年以上。
(3)高校卒業者は3年。指定学科以外の卒業者は4年6ヶ月以上。
(4)その他の者は8年以上、ほか。
[1級]
下記の年数には指導監督的実務経験年数をい年以上含むことが必要条件。
(1)大学卒業者は3年。指定学科以外の卒業者は4年6ヶ月以上。
(2)短大・高専卒業者は2年。指定学科以外の卒業者は7年6ヶ月。
(3)高校卒業者は10年。指定学科以外の卒業者はは11年6ヶ月以上。
(4)その他の者は15年以上。
(5)2級技術検定合格者で合格後5年以上。

※「指定学科」とは、建築学、土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学に関する学科などをいう。

資格試験内容

[試験内容]

[2級]
[学科]
(1)建築:建築学等、施行管理法、法規
(2)躯体:建築学等、躯体施行管理法、法規
(3)仕上げ:建築学等、仕上施行管理法、法規
[実地]
(1)建築:施行管理法
(2)躯体:躯体施行管理法
(3)仕上げ:仕上げ施行管理法

[1級]
[学科]
建築学等、施行管理法、法規
[実地]
施行管理法

[申し込み方法]
建設業振興基金および各地の建設弘済会などから、申込用紙および受験の手引きを購入して申し込む。インターネットでの申し込みも可能。

受験申込期間

[2級]6月中旬~7月上旬。[1級]2月中旬~3月上旬。

試験実施日

[2級]11月の第2日曜日。[1級]学科:6月の第2日曜日。実技:10月の第3日曜日。

試験地

[2級]:札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、高松、福岡、鹿児島、沖縄。
[1級]:札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄。

受験料

[2級]9400円(実地試験のみは4700円)。[1級]学科:9400円。実地:9400円。

合格率

50%

資格関連書籍

建築施行管理技士関連の人気書籍

お問い合わせ先

建築施行管理技士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)建築業振興基金試験研修本部
http://www.kensetsu-kikin.or.jp/honbu/

建築施行管理技士について

建築施行管理技士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。建築施行管理技士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。