建築設備士

建築設備士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。建築設備士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



建築設備士の資格取得ガイド

建築設備士とは、様々な形態の建築設備に関する知識と技能をもって、建築設備の設計・工事管理が正しくに行われるために、建築士に対して適切なアドバイスを行う資格者。

資格区分

国家資格

受験資格

建築設備士の受験資格は以下の通りです。

正規の建築、機会、電気、またはこれらと同等と認められる類似の課程を修めた者で、下記(1)~(4)の学校を卒業後、または(5)の各資格取得者で、建築設備に関して一定の年数の実務経験を有する者。
(1)大学、職業能力開発総合大学校(長期課程)、職業訓練大学校(長期指導員訓練課程など)卒業後、2年以上の実務経験者。
(2)短期大学、高等専門学校、職業能力開発短期大学校(専門課程)、職業訓練短期大学校(特別高等訓練課程など)、専修学校(専門課程、修業年限2年以上、60単位以上)、卒業後4年以上の実務経験者。
(3)高等学校、上記(2)以外の専修学校(専門課程)卒業後、6年以上の実務経験者。
(4)高等学校を卒業し、職業能力開発校などを修了後、6年以上の実務経験者。
(5)一級建築士、1級電気工事施行管理技士、1級管理工事施工管理技士、空気調和・衛生工学会設備士、第1種・2種・3種電気主任技術者の資格取得者で、資格取得の前後を問わず、実務経験が通算2年以上の者。

資格試験内容

[試験内容]

[第1次]
学科
(1)建築一般知識
(2)建築法規
(3)建築設備
[第2次]
設計製図:記述及び製図により「建築設備に係わる基本計画の作成」及び「空気調和設備及び喚起設備、給水設備及び排水設備または電気設備のうち受験者の選択する一つの建築設備に係わる設計製図の作成」

受験申込期間

3月上旬~下旬

試験実施日

[第1次]6月下旬。[第2次]8月下旬。

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡。

受験料

34650円

合格率

17%

資格関連書籍

建築設備士関連の人気書籍

お問い合わせ先

建築設備士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)建築技術教育普及センター本部及び各支部
http://www.jaeic.jp/

建築設備士について

建築設備士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。建築設備士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。