建築積算資格者

建築積算資格者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。建築積算資格者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



建築積算資格者の資格取得ガイド

建築積算資格者とは、建築に関する専門的な知識や技術を駆使し、積算に関する幅広い業務に携わる資格者。社会的評価が定着している資格である。

資格区分

民間資格

受験資格

建築積算資格者の受験資格は以下の通りです。

試験実施年度の10月1日現在、満20歳以上の者。
下記のいずれかに該当する者は、1次試験免除の対象となる。
(1)一級・二級・木造建築士の免状を有する者。
(2)一級・二級建築施行管理技士の合格証明書の交付を受けている者。
(3)日本建築積算協会が実施している積算学校の卒業者。

資格試験内容

[試験内容]

[1次試験]
[学科](3時間30分)
(1)基礎知識(建築一般)
(2)建築数量積算の理解度
(3)工事費に関する知識

[2次試験]
[実技](6時間30分)、筆記式(計測・計算等)
1次試験で問われた諸知識・技術を活用し、実施設計図書等により、建築工事費積算を行うための実務処理。

※建築数量積算基準に基づいて、図面からの計測・計算結果を所要の解答欄に記入するが、試験課以上への「建築数量積算基準・同解説」の持ち込みが可能である。
※過去2年度の1次試験合格者は、1次試験が免除となる。

[申し込み方法]
写真貼付の受験申込書、受験料の郵便振替払証明書、受験資格証明書(1次試験免除の場合)を、(社)日本建築積算協会宛に郵送する。

受験申込期間

8月上旬~9月下旬。※1次試験免除の者も期間内に申し込む。

試験実施日

[1次]10月下旬。[2次]翌年1月下旬。

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、鹿児島、那覇。

受験料

26250円

合格率

47%

資格関連書籍

建築積算資格者関連の人気書籍

お問い合わせ先

建築積算資格者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本建築積算協会
http://www.bsij.or.jp/

建築積算資格者について

建築積算資格者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。建築積算資格者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。