木造建築物の組み立て等作業主任者

木造建築物の組み立て等作業主任者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。木造建築物の組み立て等作業主任者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



木造建築物の組み立て等作業主任者の資格取得ガイド

木造建築物の組み立て等作業主任者とは、軒の高さが5m以上ある木造建築物の構造部材の組み立てや、これに伴う屋根下地や外壁下地の取り付け作業において指揮を取る資格者。都道府県労働局長の登録を受けた機関・団体の行う技能講習を修了した後、修了試験に合格することで資格取得となる。

資格区分

国家資格

受験資格

木造建築物の組み立て等作業主任者の受験資格は以下の通りです。

(1)木造建築物の構造部材の組立て、またはこれに伴う屋根下地もしくは外壁下地の取り付け作業に3年以上従事した経験を持つ者。
(2)大学・こうせんまたは高校で、土木・建築学科を専攻し卒業した後、2年以上構造部材の組立て等の作業に従事した経験を持つ者。
(3)職業能力開発促進法に基づく一定の訓練修了後、2年以上の実務経験がある者。

資格試験内容

[取得方法]
都道府県労働局長の登録を受けた機関・団体の行う技能講習を修了した後、終了試験に合格する。
講習は(社)日本鳶工業連合会、建設労働災害防止協会など複数の機関で行われる。

[講習内容] ※(社)日本鳶工業連合会の場合。
(1)木造建築物構造部材の組み立て、屋根下地の取り付け等に関する知識
主要構造部分の工法・建て方作業の方法および順序、ほか
(2)工事用設備・機会・器具・作業環境等に関する知識
工事用設備および機会の取扱い、墜落防止のための設備、落下物による危険防止のための措置、ほか
(3)作業者に対する教育等に関する知識
作業標準、災害発生時における措置、ほか
(4)関係法令
労働安全衛生法・労働安全衛生法施行令・労働安全衛生規則およびクレーン等安全規則中の関係条項

※ただし、職業能力開発促進法による所定の資格を持つ者(型わく支保工の組み立て・足場の組み立て・鉄骨の組み立て等作業主任者技能講習を修了した者)は講習科目の一部が免除となる。

受験申込期間

試験実施日

年1回程度実施

試験地

期間・団体が認可を受けた都道府県労働局管内

受験料

10000円(別途テキスト代1600円が必要)。

合格率

資格関連書籍

木造建築物の組み立て等作業主任者関連の人気書籍

お問い合わせ先

木造建築物の組み立て等作業主任者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

都道府県労働局安全基準部安全課、労働基準監督署または(社)日本鳶工業連合会
http://www.nittobiren.or.jp/

木造建築物の組み立て等作業主任者について

木造建築物の組み立て等作業主任者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。木造建築物の組み立て等作業主任者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。