基礎施工士

基礎施工士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。基礎施工士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



基礎施工士の資格取得ガイド

基礎施工士とは、建設工事の基礎工事の、場所打ちコンクリート杭工事に従事する技術者となるための資格。良質な基礎工事を安全・円滑に施工することが職務である。

資格区分

民間資格

受験資格

基礎施工士の受験資格は以下の通りです。

(1)実務経験のみで8年以上の経験を有する者。
(2)申請高等学校・旧制中学校または旧制実業学校甲種を卒業後、3年6ヶ月以上の実務経験を有する者。(指定学科以外卒業者は5年6ヶ月以上)
(3)短期大学・5年制高等専門学校または2年制専門学校を卒業後、2年6ヶ月以上の実務経験を有する者。(指定学科以外卒業者は3年6ヶ月)
(4)新制大学または旧制大学を卒業後、1年6ヶ月以上の実務経験を有する者。(指定学科卒業以外は2年6ヶ月)
※「指定学科」とは、土木工学(農業土木、鉱山土木、森林土木、海洋土木を含む)、建築学、機械学、都市工学、建設学、建設基礎工学、電気工学、地学、地質学、資源工学、衛生工学、交通工学、安全工学、環境保全工学、計測工学を指す。

資格試験内容

[試験内容]

択一式と場所打ちコンクリート杭工事の経験を主とした記述式による学科試験
(1)設計
(2)土質
(3)労働安全衛生法令
(4)環境法令(騒音、振動など)
(5)主材料
(6)施工

受験申込期間

9月上旬~10月中旬

試験実施日

11月中旬

試験地

東京、名古屋、大阪、広島、福岡。

受験料

15000円

合格率

28%

資格関連書籍

基礎施工士関連の人気書籍

お問い合わせ先

基礎施工士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本基礎建設協会
http://www.kisokyo.or.jp/

基礎施工士について

基礎施工士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。基礎施工士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。