掲貨装置運転士

掲貨装置運転士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。掲貨装置運転士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



掲貨装置運転士の資格取得ガイド

掲貨装置運転士とは、港湾荷役作業をおこなうために船舶に取り付けられたクレーンまたはデリック(制限荷重5トン以上)を操作するのに必要な資格である。

資格区分

国家資格

受験資格

掲貨装置運転士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能
ただし、18歳未満の者は試験に合格しても、満18歳に達するまで免許証は交付されない。

資格試験内容

[試験内容]
[学科]
(1)掲貨装置に関する知識
(2)原動機及び電気に関する知識
(3)掲貨装置の運転のために必要な力学に関する知識
(4)関係法令

[実技]
(1)掲貨装置の運転
(2)掲貨装置の運転のための合図

※学科試験合格後1年以内であれば、学科試験が免除となり、実技試験を何度でも受験することが可能である。運転実技教習修了後1年以内であれば、実技試験が免除となり学科試験のみの受験でよい。
なお、クレーン・デリック、旧クレーン、旧デリック、移動式クレーンの各運転士免許所持者は科目の一部免除が受けられる。

[願書の入手]
受験申請書は、安全衛生技術試験協会、各地区安全衛生技術センターおよび、関係機関で配布される。

[申込み方法]
受験申請書に必要事項を記入し、試験日の2ヶ月前から2日前までに最寄りの安全衛生技術センターへ提出する。郵送の場合は、試験日の2ヶ月前から14日前までに着くよう送付する。
定員になり次第締め切られるので注意が必要。

受験申込期間

試験実施日

年2回:4月または6月、10月(北海道のみ年1回:10月)

試験地

北海道(恵庭)、東北(岩沼)、関東(市原)、中部(東海)、近畿(加古川)、中国四国(福山)、九州(久留米)の各安全衛生技術センター

受験料

[学科]8300円。[実技]11100円。

合格率

75%

資格関連書籍

掲貨装置運転士関連の人気書籍

お問い合わせ先

掲貨装置運転士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)安全衛生技術試験協会
http://www.exam.or.jp/

掲貨装置運転士について

掲貨装置運転士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。掲貨装置運転士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。