地質調査技士

地質調査技士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。地質調査技士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



地質調査技士の資格取得ガイド

地質調査技士とは、現場でボーリングや各種計測・試験を行う技術者の知識・技能をはかる資格試験。

資格区分

民間資格

受験資格

地質調査技士の受験資格は以下の通りです。

[現場調査部門]
(1)ボーリングに関する機器等の操作を行う実務に関して、学歴を問わず実務経験が5年上の者(通算でも可能)。
(2)中央工学校の指定課程卒業者で、実務経験が2年以上の者。
[現場技術・管理部門][土壌・地下水汚染部門]
地質調査(土壌・地下水汚染部門は土壌・地下水汚染調査を含む)に関する調査・計測業務、現場技術・管理業務等に関して、下記の実務経験がある者。(通算でも可能)
(1)大学または高専の土木工学、建築学、地質学等、地質調査に関連する課程を専攻し(土壌・地下水汚染部門は環境関連の課程を含む)、卒業した者は3年以上の実務経験。
(2)大学または高専の(1)に掲げる以外の理工系課程を専攻し、卒業した者は5年以上の実務経験。
(3)上記(1)(2)以外の者は8年以上の実務経験。

資格試験内容

[試験内容]

[現場調査部門]
土質コースと岩盤コースがあり、事前に選択する。
[筆記試験]
(1)基礎知識
(2)現場技術
(3)調査技術の理解度
(4)管理技法
(5)記述式問題
[口頭試験]
地質調査技士として必要な知識、経験等が中心。
[現場技術・管理部門]
地質調査コース、土質試験コース、物理探査コースがあり、事前に選択する。
[筆記試験・択一式]
(1)社会一般
(2)地質・土木・建築等
(3)現場技術
(4)調査技術の理解度
(5)解析手法、設計・施工への適用、ほか
[筆記試験・記述式]
現場技術、地質調査技術、建築一般にかかわる問題
[土壌・地下水汚染部門]
[筆記試験・択一式]
(1)社会一般、環境行政等
(2)地質・土木・建築等
(3)現場技術
(4)化学関連
(5)土壌・地下水汚染修復技術関連、ほか
[筆記試験・記述式]
現場技術、土壌・地下水汚染調査・修復技術にかかわる問題

受験申込期間

試験実施日

7月上旬の土曜日

試験地

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇。

受験料

12600円

合格率

40%

資格関連書籍

地質調査技士関連の人気書籍

お問い合わせ先

地質調査技士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)全国地質調査業協会連合会
http://www.zenchiren.or.jp/

地質調査技士について

地質調査技士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。地質調査技士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。