エネルギー管理士

エネルギー管理士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。エネルギー管理士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



エネルギー管理士の資格取得ガイド

エネルギー管理士とは、燃料や電気消費量の多い工場において、使用方法の改善、合理化設備の維持など、エネルギーの使用の合理化を図ることを職務とする資格者。

資格区分

国家資格

受験資格

エネルギー管理士の受験資格は以下の通りです。

[試験]
誰でも受験可能。
(ただし、免状申請の前にエネルギーの使用の合理化に関する実務経験1年以上が必要。なお、これは受験前でも受験後でも構わない。)
[研修]
エネルギー使用の合理化に関する実務経験3年以上の者。

資格試験内容

[取得方法]
(1)経済産業大臣指定の(財)省エネルギーセンターの実施する国家試験に合格する。
(2)(財)省エネルギーセンターの実施する、7日間の認定研修を受講し、修了試験に合格する。

[試験・研修内容]

[必須基礎]
科目Ⅰ:エネルギー総合管理及び法規
[選択専門]
(1)熱分野
科目Ⅱ:熱と流体の流れの基礎
熱力学の基礎、流体工学の基礎、伝熱工学の基礎
科目Ⅲ:燃料と燃焼
燃料及び燃料管理、燃焼計算
科目Ⅳ:熱利用設備及びその管理
計測及び制御、ほか
(2)電気分野
科目Ⅱ:電気の基礎
電気及び電子理論、自動制御及び情報処理、電気計測
科目Ⅲ:電気設備及び機器
工場配電、電気機器
科目Ⅳ:電気応用
電動力応用

受験申込期間

試験実施日

[試験]8月の第1土曜日。[研修]12月中旬。

試験地

[試験]:札幌、仙台、東京、名古屋、富山、大阪、広島、高松、福岡、那覇。
[研修]:仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡。

受験料

[試験]18600円。[研修]70000円。

合格率

21%

資格関連書籍

エネルギー管理士関連の人気書籍

お問い合わせ先

エネルギー管理士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)省エネルギーセンター エネルギー管理試験・講習センター試験部
http://www.eccj.or.jp

エネルギー管理士について

エネルギー管理士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。エネルギー管理士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。