ボイラー(小規模)取扱者

ボイラー(小規模)取扱者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。ボイラー(小規模)取扱者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



ボイラー(小規模)取扱者の資格取得ガイド

ボイラー(小規模)取扱者とは、胴の内径が750mm以下、長さ1300mm以下の蒸気ボイラー、伝熱面積3㎡以下の蒸気ボイラーなど、小規模なボイラーの運転に従事する資格者であり、ボイラー関係の入門的な資格といえる。都道府県労働局長に登録した教習機関が行う講習を受講し、修了試験に合格することで資格取得が可能である。

資格区分

国家資格

受験資格

ボイラー(小規模)取扱者の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能
※18歳未満の者は、講習を修了してもボイラーの取扱業務に従事することができないため、満18歳に達した後、修了証の交付を受ける。

資格試験内容

ボイラー取扱技能講習は、小規模のボイラーの取扱いに必要な知識を教えることを目的とする。
小規模ボイラーとは下記のことをいう。
(1)同の内径が750mm以下、長さ1300mm以下の蒸気ボイラー
(2)伝熱面積が3㎡以下の蒸気ボイラー
(3)伝熱面積が14㎡以下の温水ボイラー
(4)伝熱面積が30㎡以下の貫流ボイラー

[講習内容]
(1)ボイラーの構造(2時間以上)
種類、構造、付属装置、付属品、自動制御装置
(2)ボイラーの取扱い(4時間以上)
使用中の留意事項、附属装置・付属品の取扱い、ボイラー用水及びその処理、吹き出し
(3)天下及び燃焼(3時間以上)
燃料、燃焼装置、点火、燃焼方法
(4)点検及び異常時の処置(4時間以上)
点検個所、点検要領、使用中における異常状態およびこれに対する処置の方法、使用後の処置、清浄作業
(5)関係法令(1時間以上)
労働安全衛生法・同法施工令、労働安全衛生規則、ボイラー及び圧力容器安全規則、ボイラー構造企画中の関係条項
(6)修了試験

受験申込期間

教習機関により異なる(東京の場合:講習日の2ヶ月前から、定員100名に達するまで常時受け付け)

試験実施日

教習機関により異なる(東京の場合:2ヶ月に1回程度、2日間にわたって行われる)

試験地

受験料

教習機関により異なる

合格率

資格関連書籍

ボイラー(小規模)取扱者関連の人気書籍

お問い合わせ先

ボイラー(小規模)取扱者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

都道府県労働局労働基準部安全課(安全衛生課)、労働基準監督署
東京の場合:(社)日本ボイラ協会東京支部

ボイラー(小規模)取扱者について

ボイラー(小規模)取扱者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。ボイラー(小規模)取扱者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。