設備士(空気調和・衛生工学会)

設備士(空気調和・衛生工学会)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。設備士(空気調和・衛生工学会)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



設備士(空気調和・衛生工学会)の資格取得ガイド

設備士(空気調和・衛生工学会)とは、建築設備における、空気調和、給排水衛生設備の設計、施工、維持管理や研究に携わる技術者を対象とした、知識・技術をはかる資格試験。

資格区分

民間資格

受験資格

設備士(空気調和・衛生工学会)の受験資格は以下の通りです。

(1)大学(旧制大学・旧制専門学校を含む)の理科系課程を卒業した者。
(2)短期大学、高等専門学校の理科系課程を卒業後、空気調和・給排水・衛生設備に関する実務経験(以下、実務経験)を1年以上有する者。
(3)高校(旧制中学校の実業系を含む)の理科・工業系過程を卒業後、4年以上の実務経験を有する者。
(4)高校の建築設備系課程を卒業後、3年以上の実務経験を有する者。
(5)18歳以上で、7年以上の実務経験を有する者。
(6)上記に掲げる(1)~(4)に該当しない各種学校(委員会が認定した学校)を卒業後、設備士資格検定委員会で実務経験年数を認定した者。
(6)

資格試験内容

[試験内容]

[空位調和部門]
(1)暖房・冷房・換気空気調和の計画、設計・施工及び環境・エネルギー安全等に関する専門知識。
(2)給水・給湯・消化・排水・衛生管理・し尿浄化槽その他の計画、設計・施工に関する基礎知識。
[衛生部門]
(1)給水・給湯・消化・排水・衛生器具・し尿浄化槽その他の計画・設計・施工及び環境・エネルギー・安全などに関する専門知識。
(2)暖房・冷房・換気その他の計画、設計・施工に関する基礎知識。

受験申込期間

8月上旬~下旬

試験実施日

11月下旬

試験地

札幌、仙台、金沢、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇。

受験料

8400円

合格率

33%

資格関連書籍

設備士(空気調和・衛生工学会)関連の人気書籍

お問い合わせ先

設備士(空気調和・衛生工学会)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)空気調和・衛生工学会
http://www.shasej.org/

設備士(空気調和・衛生工学会)について

設備士(空気調和・衛生工学会)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。設備士(空気調和・衛生工学会)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。