食品冷凍技士

食品冷凍技士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。食品冷凍技士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



食品冷凍技士の資格取得ガイド

食品冷凍技士とは、食品の低温加工・処理・品質保全等の業務に携わる資格者。資格保持者は、食品の流通における品質管理技術者、商品開発、食品冷凍の技術開発研究など様々な分野で活躍する。

資格区分

民間資格

受験資格

食品冷凍技士の受験資格は以下の通りです。

(1)低温に係わる食品の研究・開発・加工・製造・保管・輸送流通・教育の業務ならびに、それらの関連業務に従事した実務経験が3年以上ある者。
(2)大学・短大・高専において食品に関する課程を修めて卒業した者、またはこれと同等以上の学力を有する者で、実務経験が1年以上ある者。

資格試験内容

[試験内容]

[学識](2時間)
(1)食品冷凍の化学
(2)食品冷凍の衛生学
(3)食品冷凍の総論と物理
(4)冷凍設備と解凍設備
[技術](2時間)
(1)畜産物の冷凍
(2)水産物の冷凍
(3)農産物の冷凍
(4)冷凍食品の品質管理
※試験実施前に受験準備講習会が、東京・大阪にて1月下旬~2月上旬に実施される。

[申し込み方法]
所定の受験申請書に写真、実務経歴書、学校卒業証明書(該当者のみ)に受験料を添付し、(社)日本冷凍空調学会など、各地区の実施団体へ提出する。

受験申込期間

12月上旬~2月中旬(士kん実施日の1週間前頃まで)。

試験実施日

2月の最終日曜日

試験地

東京、名古屋、大阪、福岡。

受験料

10000円(別途、登録料として7000円が必要)

合格率

50%

資格関連書籍

食品冷凍技士関連の人気書籍

お問い合わせ先

食品冷凍技士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本冷凍空調学会
http://www.jsrae.or.jp

食品冷凍技士について

食品冷凍技士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。食品冷凍技士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。