ガス溶接作業主任者

ガス溶接作業主任者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。ガス溶接作業主任者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



ガス溶接作業主任者の資格取得ガイド

ガス溶接作業主任者とは、ガス集合溶接装置等を使用して、金属の溶接・溶断・加熱の作業を行う際の、安全性を考慮した作業方法の選択や作業指揮を行う資格者。溶接技術者の中でもレベルの高い国家資格といえる。

資格区分

国家資格

受験資格

ガス溶接作業主任者の受験資格は以下の通りです。

(1)ガス溶接技能講習を修了した者(ガス溶接技能者)で、その後ガス溶接などの業務に3年以上従事した経験を有する者。
(2)大学または高等専門学校において、溶接に関する学科を専攻して卒業した者。
(3)大学または高等専門学校において、工学または化学に関する学科を専攻した卒業した者で、その後1年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有する者。
(4)構造物鉄工科または配管科の職種にかかわる職業訓練指導員免許を受けた者。
(5)養成訓練(金属成形科)を修了した者。
(6)養成訓練(溶接科)、普通職業訓練(金属加工系溶接科)を修了した者で、その後2年以上が巣溶接等の業務に従事した経験を有する者。

資格試験内容

[試験内容]
[筆記]
下記の4科目に関して行う。
(1)アセチレン溶接装置及びガス集合溶接装置に関する知識
(2)アセチレンその他の可燃性ガス・カーバイドおよび酸素に関する知識
(3)ガス溶接などの業務に関する知識
(4)関係法令

[願書入手方法]
受験申請書は各地区安全衛生技術センター及び関係機関で配布される。

[申込み方法]
受験申請書に必要事項を記入のうえ、試験日の約2ヶ月前から2日前までに最寄りのセンターへ提出する。
郵送の場合は、試験日の2ヶ月前から14日前までに提出する。

受験申込期間

試験実施日

年2回:地区により異なる。(4月と10月、6月と12月)

試験地

北海道(恵庭)、東北(岩沼)、関東(市原)、中部(東海)、近畿(加古川)、中国四国(福山)、九州(久留米)の各地区安全衛生技術センター。

受験料

8300円

合格率

82%

資格関連書籍

ガス溶接作業主任者関連の人気書籍

お問い合わせ先

ガス溶接作業主任者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)安全衛生技術試験協会
http://www.exam.or.jp/

ガス溶接作業主任者について

ガス溶接作業主任者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。ガス溶接作業主任者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。