石油学会溶接士技量検定

石油学会溶接士技量検定に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。石油学会溶接士技量検定の資格取得なら、資格DBにお任せください。



石油学会溶接士技量検定の資格取得ガイド

石油学会溶接士技量検定とは、石油工業関連の装置の溶接を行う技術者を対象に、知識と技能を認定する資格試験。資格取得者は、石油関係の一般構造物、圧力容器、配管等の溶接に携わることが可能であり、またガス事業にかかわる溶接を行うこともできる。

資格区分

民間資格

受験資格

石油学会溶接士技量検定の受験資格は以下の通りです。

各種の級ごとに日本溶接協会が認証したJISに基づく技術資格を持つ者。

資格試験内容

[資格種別]
試験材により下記の7種に分かれる。
A~Hの各種は[1級]現場溶接、[2級]工場溶接に区分される。ただしC種、F種、H種は[1級]現場溶接のみである。
[A種]炭素銅(板):19mm以下
[B種]炭素銅(板):全ての厚さの板
[C種]炭素銅:厚さ22mm以下の管および板
[E種]高張力鋼(板):すべての厚さの板
[F種]2.25Cr-1Mo鋼:厚さ22mm以下の管および板
[G種]オーステナイト系ステンレス鋼(板):19mm以下
[H種]オーステナイト系ステンレス鋼:厚さ22mm以下の管および板

[試験内容]
[A~C種]
溶接技能者評価試験合格者を書類審査により認定する
[E種]
実技試験:下記の姿勢で、試験片の側曲げ試験、破面試験を行う
[1級]溶接姿勢:下向き、立向き、横向き、上向き
[2級]溶接姿勢:下向き、立向き、横向き
[F級]
実技試験
水平固定管、鉛直固定管を溶接し、表曲げしけ、裏曲げ試験により試験を行う
[G・H種]
ステンレス鋼溶接技術検定合格者を書類審査により認定する

受験申込期間

試験実施日

地区ごとに毎月実施される

試験地

受験料

合格率

84%

資格関連書籍

石油学会溶接士技量検定関連の人気書籍

お問い合わせ先

石油学会溶接士技量検定についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本溶接協会
http://www.jwes.or.jp/

石油学会溶接士技量検定について

石油学会溶接士技量検定に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。石油学会溶接士技量検定の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。