新司法試験

新司法試験に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。新司法試験の資格取得なら、資格DBにお任せください。



新司法試験の資格取得ガイド

新司法試験とは、裁判官、検察官、弁護士になろうとする者に必要な学識と応用能力を判定する試験。法科大学院での教育を前提に出題される。

資格区分

国家資格

受験資格

新司法試験の受験資格は以下の通りです。

(1)受験時において法科大学院の課程を修了している者。
(2)司法試験予備試験に合格した者。
※法科大学院課程の修了または予備試験合格発表の最初の4月1日から5年の間に3回まで受験することが可能。

資格試験内容

[試験内容]

[短答式]
裁判官、検察官、弁護士になろうとする者に必要な専門的法律知識および法的な推論の能力判定
(1)公共系科目
憲法、行政法に関する分野
(2)民事系科目
民法、商法、民事訴訟法に関する分野
(3)刑事系科目
刑法、刑事訴訟法に関する分野

[論文式]
裁判官、検察官、弁護士になろうとする者に必要な専門的学識、法的な分析、構成および論述の能力の判定
(1)(2)(3)は短答式に同じ
(4)選択科目
専門的な法律の分野に関する科目として、法務省令で定める以下の8科目から1科目選択
科目:倒産法、租税法、経済法、知的財産法、労働法、環境法、国際関係法(公法系)、国際関係法(私法系)

[申込み方法]
願書、写真、住民票、受験資格を証明する書類等の必要書類を、郵送(当日消印有効)または直接持参する。

受験申込期間

12月上旬~下旬

試験実施日

5月中旬の連続する4日間程度

試験地

札幌市、仙台市、東京都、大阪市、名古屋市、広島市、福岡市。

受験料

28000円

合格率

48%

資格関連書籍

新司法試験関連の人気書籍

お問い合わせ先

新司法試験についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

司法試験委員会
http://www.moj.go.jp

新司法試験について

新司法試験に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。新司法試験の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。