弁理士

弁理士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。弁理士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



弁理士の資格取得ガイド

弁理士とは、様々な商品に関する特許、実用新案、意匠、商標を特許庁に出願する手続きの代行を行うこと等を職務とする資格。幅広分野での知識だけでなく、語学力も必要となる。

資格区分

国家資格

受験資格

弁理士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]

[短答式筆記試験]
工業所有権法(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令、条約および著作権法ならびに不正競争防止法について

[論文式引き試験] ※短答式筆記試験合格者のみ対象
[必須科目]
工業所有権法の3科目(特許法・実用新案法、意匠法、商標法)
[選択科目]
下記の7科目から任意に選択する1科目。次のように、それぞれ共通問題と選択問題からなり、選択問題は受験時に任意の1題を選択する。
(1)地球工学:共通(基礎構造力学)、選択(建築構造、土質工学、ほか)
(2)機械工学:共通(基礎材料力学)、選択(流体力学、熱力学、制御工学)
(3)物理工学:共通(物理学)、選択(制御工学、計測工学、光学、ほか)
(4)情報通信工学:共通(情報理論)、選択(通信工学、計算機工学、ほか)
(5)応用科学:共通(化学)、選択(有機化学、無機化学、材料工学、ほか)
(6)バイオテクノロジー:共通(生物学)、選択(薬学、環境化学、ほか)
87)弁理士の業務に関する法律:共通(民法)、選択(民事訴訟法、著作権法、不正競争防止法、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律、行政法、国際私法)
[口述試験] ※論文式筆記試験合格者のみ
工業所有権法(特許法・実用新案法、意匠法、商標法)についての口頭試問

受験申込期間

4月上旬

試験実施日

[短答式筆記試験]5月中旬。[論文式筆記試験]必須科目:7月上旬。選択科目:7月下旬。[口述試験]10月中旬。

試験地

[短答式筆記試験]仙台、東京、名古屋、大阪、福岡。
[論文式筆記試験]東京、大阪。
[口述試験]東京。

受験料

12000円

合格率

9%

資格関連書籍

弁理士関連の人気書籍

お問い合わせ先

弁理士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

特許庁総務部秘書課弁理士室試験第一係
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

弁理士について

弁理士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。弁理士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。