海事代理士

海事代理士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。海事代理士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



海事代理士の資格取得ガイド

海事代理士とは、船舶法、海運業者や造船業者の代わりに様々な手続きや書類作成を行う資格者。つまり、船員法等の法律に関して行政書士と司法書士の業務等を行うための資格である。高度な専門知識をはじめ、実務上の技術的知識・経験を必要とする。

資格区分

国家資格

受験資格

海事代理士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能
ただし、海事代理司法第3条に規定する欠格事由に該当する者は、試験に合格しても海事代理士の登録はできない。

資格試験内容

[試験内容]

[1次(筆記)](概括的問題)
(1)一般法律常識
憲法、民法、商法(第3編海商法のみ)
(2)海事法令(専門的問題)
国土交通省設置法、船舶法、船舶安全法、船舶のトン数の速度に関する法律、船員法、船員職業安定法、船舶職員及び小型船舶操縦者法、海上運送法、港湾運送事業法、内航海運業法、港則法、海上交通安全法、造船法、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律、国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律及びこれらの法律に基づく命令

[2次] 口述
海事法令(実務的問題)、船舶法、船舶安全法、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法

※1次試験合格者は、2次試験で不合格であっても、翌年度に限り申請により1次試験が免除される。

受験申込期間

8月中旬~下旬

試験実施日

[1次]10月上旬。[2次]11月下旬。

試験地

[1次]
小樽、仙台、新潟、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、高松、福岡、那覇。
[2次]
東京

受験料

6800円

合格率

32%

資格関連書籍

海事代理士関連の人気書籍

お問い合わせ先

海事代理士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

国土交通省各地方運輸局

海事代理士について

海事代理士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。海事代理士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。