法務教官

法務教官に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。法務教官の資格取得なら、資格DBにお任せください。



法務教官の資格取得ガイド

法務教官とは、少年院や少年鑑別所において、非行を犯した少年少女に対して、心身ともに健全な少年少女として社会に復帰させることを使命とし、生活指導、カウンセリングなどを行う資格者。教官Aは男子、教官Bは女子とに分けられる。

資格区分

国家資格

受験資格

法務教官の受験資格は以下の通りです。

(1)試験実施年4月1日現在、21歳以上29歳未満の者。
(2)21歳未満で大学・短大・高専を卒業した者(卒業見込みの者を含む)、人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者。

資格試験内容

[試験内容]

[1次]
(1)教養(多肢選択、2時間30分):一般的な知識・技能
(2)専門(多肢選択問、2時間15分):教育学、心理学、社会学に関する基礎的知識および青少年問題について(青少年の健康と安全、非行等の現状および青少年に関する諸施策等)
(3)専門(記述式、1時間45分):青少年の教育に関連する具体的な課題について

[2次]
(1)人物:人柄などについての個別面接
(2)身体検査:胸部疾患、血圧、尿、眼・聴器その他の一般内科系検査
(3)身体測定:視力の測定

下記の該当者は不合格となる
(1)裸眼視力が1眼でも0.6み満たない者(両眼での矯正視力が1.0以上の者を除く)
(2)四肢の運動機能に異常のある者

[申し込み方法]
人事院各地方事務局や各少年院などで交付している申込用紙・受験案内を入手し、希望する1次試験地に対応する法務省各矯正管区へ提出する。(沖縄の場合は那覇少年鑑別所)

受験申込期間

4月上旬~中旬

試験実施日

[1次]6月中旬。[2次]7月中旬。

試験地

[1次]
札幌、秋田、仙台、東京、金沢、名古屋、堺、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇。
[2次]
札幌、仙台、さいたま、名古屋、堺、広島、高松、福岡、那覇。

受験料

合格率

6%

資格関連書籍

法務教官関連の人気書籍

お問い合わせ先

法務教官についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

人事院各地方事務局・事務所、法務省矯正管区、各少年院・少年鑑別所
東京の場合:法務省東京矯正管区
(人事院URL)http://www.jinji.go.jp/saiyo/fshiken.htm

法務教官について

法務教官に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。法務教官の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。