工事担任者

工事担任者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。工事担任者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



工事担任者の資格取得ガイド

工事担任者とは、高機能化・多様化が進む、電気通信回線に端末設備や自営電気通信設備の接続工事を行い、監督を行う資格者。

資格区分

国家資格

受験資格

工事担任者の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]
電話・ISDNの工事に関するAI試験と、ブロードバンド等のデジタル回線工事に関するDD試験に分かれ、下記の科目にて行われる。

(1)基礎:電気通信技術の基礎(電気回路や伝送理論など通信の基礎)
(2)技術:端末設備の接続のための技術と理論(通信の仕組みや接続工事の手順、IP技術、上表セキュリティ)
(3)法規:端末設備の接続に関する法規(工事に関する法令・規則、不正アクセス行為の禁止等に関する法律)

[AI第一種]
回線数の制限が無く、すべてのアナログ電話回線・ISDN回線の接続工事ができる
[AI第二種]
端末設備に収容される回線数が、アナログは外線50回線以下かつ内線200回線以下の接続工事、ISDNは64キロビット/秒換算で50回戦以下の接続工事ができる
[AI第三種]
端末設備に収容される外線がアナログは1回線、ISDNは基本インターフェイス1回線の接続工事ができる
[DD第一種]
デジタルデータ回線の全てについて工事ができる
[DD第二種]
デジタルデータ回線で通信速度100メガビット/秒以下の回線の接続工事ができる
[DD第三種]
デジタルデータ回線で通信速度100メガビット/秒以下で主にインターネット接続に用いる回線の接続工事ができる
[AI・DD総合種]
AI第一種とDD第一種の対象となる全ての接続工事ができる

受験申込期間

試験実施日

第1回:5月下旬。第2回:11月下旬。

試験地

札幌、東京、さいたま、名古屋、大阪、神戸、福岡、那覇など全国35ヶ所

受験料

8700円

合格率

26%

資格関連書籍

工事担任者関連の人気書籍

お問い合わせ先

工事担任者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本データ通信協会電気通信国家試験センター
http://www.shiken.dekyo.or.jp/

工事担任者について

工事担任者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。工事担任者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。