CATV技術者

CATV技術者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。CATV技術者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



CATV技術者の資格取得ガイド

CATV技術者とは、有線テレビ(CATV)に関する優れた技術者を育成する目的で設けられた資格試験。1級は、大規模CATV施設の設計、設置、維持管理等の業務を総合的に監理し、2級は小規模CATVに関する業務の実地監督を行う。

資格区分

民間資格

受験資格

CATV技術者の受験資格は以下の通りです。

[2級]
誰でも受験可能。
[1級]
(1)CATV施設の設置、維持管理等の業務に2年以上の実務経験を有する者。
(2)2級のCATV技術者であり、その2級試験に合格した日の翌日から起算して、CATV施設の設置、維持管理等の業務に1年以上の実務経験を有する者。
※2007年度より、実務経験条件の撤廃により2級の予備試験制度はなくなり、1級のみ実施する。

資格試験内容

[取得方法]
(社)日本CATV技術協会の実施する4日間の講習を受講し、修了試験に合格することで取得することができる。授業時間の80%以上の出席率に加え、各科目試験において60%以上の得点が合格者としての必要条件である。

[講習内容]

[2級]
(1)施行・保守(機器機材・架線及び宅内配線の設置工法、施設の点検、ほか)
(2)技術(ケーブルの基礎一般、増幅器などの機能及び使用法、ほか)
(3)調査(テレビ放送の受信技術基礎一般、電波伝搬の基礎理論、ほか)
(4)法規(有線テレビジョン放送法関係、有線電気通信法関係、ほか)

[1級]
(1)施行・保守(施設の強度設計及び実施設計、施設の維持管理、ほか)
(2)技術(伝送理論、ほか)
(3)調査(テレビ放送の受信技術、電波伝搬の理論及び応用、ほか)
(4)法規(有線テレビジョン放送法、有線電気通信法関係、ほか)

受験申込期間

試験実施日

[2級]8月。[1級]2月。

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡。

受験料

[2級]32300円(1科目につき8075円)。[1級]38300円(1科目につき9575円)。※別途テキスト代が必要。

合格率

70%

資格関連書籍

CATV技術者関連の人気書籍

お問い合わせ先

CATV技術者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本CATV技術協会技術照明部
http:/www.catv.or.jp/

CATV技術者について

CATV技術者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。CATV技術者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。