アマチュア無線技士

アマチュア無線技士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。アマチュア無線技士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



アマチュア無線技士の資格取得ガイド

アマチュア無線技士とは、無線を利用した通信を行ったり、機器の研究を行う者の知識・技術をはかる資格試験。周波数、空中線電力、電波の種類によって第1級、第2級、第3級、第4級の4資格に分けられる。

資格区分

国家資格

受験資格

アマチュア無線技士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]
試験は電気通信術を除いて、多肢選択(マークシート)式で行われる。

[4級]
(1)無線工学:無線設備の理論、構造・機能の初歩など
(2)法規

[3~1級]
(1)無線工学:無線設備の理論、構造・機能など
(2)電気通信術:モールス信号(3級は実技試験は行わない。2・1級は1分間25字の速度の欧文普通話による約2分間の音響受信。)
(3)法規:電波法及びこれに基づく命令、国際電気通信条約及び附属規則

[各級の操作範囲]

[4級]
アマチュア無線局の空中線電力10W以下の無線設備で、21MHz以上30MHzまで、または8MHz以下の周波数の電波を使用するもの、および20W以下の無線設備で30MHzを超える周波数を使用するものの操作(モールス符号による通信操作を除く)。

[3級]
空中線電力50W以下の無線設備で、18MHz以上または8MHz以下の周波数の電波を使用するものの操作

[2級]
空中線電力200W以下の無線設備の操作

[1級]
アマチュア無線局の無線設備の操作

受験申込期間

試験実施日

[4級・3級]札幌、名古屋は毎月、その他は年1~9回。(東京に限り、4・3級は8月を除く毎月第3日曜日に、当日受付による試験がある。)[2・1級]4月、8月、12月の年3回。

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、松山、熊本、那覇。([4・3級]はこのほか16都市で実施される。)

受験料

[4級]5000円。[3級]5250円。[2級]7450円。[1級]8950円。

合格率

36%

資格関連書籍

アマチュア無線技士関連の人気書籍

お問い合わせ先

アマチュア無線技士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本無線協会
http://www.nichimu.or.jp/

アマチュア無線技士について

アマチュア無線技士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。アマチュア無線技士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。