海上無線通信士/海上特殊無線技士

海上無線通信士/海上特殊無線技士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。海上無線通信士/海上特殊無線技士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



海上無線通信士/海上特殊無線技士の資格取得ガイド

海上無線通信士/海上特殊無線技士とは、船舶の安全とスムーズな航行をバックアップするために無線機器の操作に従事する資格者。海上特殊無線技士1級は一定以上の英語力が必要とされる。

資格区分

国家資格

受験資格

海上無線通信士/海上特殊無線技士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]
試験は、電気通信術を除いては多肢選択式で行われる。

[海上4級]
無線工学、法規

[海上3級]
英語、法規、無線工学、電気通信術

[海上2・1級]
無線工学の基礎、無線工学A・B、英語、法規、電気通信術

※[海上4~1級]は船舶に施設する無線設備(航空局の無線設備を除く)、海岸局、海岸地球局、船舶のための無線航行局の無線設備の通信操作(モールス符号による通信操作を除く)ができる。(4級には制限あり。)しかし、技術操作の範囲は各級により異なる。

[海上特殊3級]
無線工学(無線電話の取扱い方法)、法規(電波法及びこれに基づく命令)。
操作範囲は沿岸漁船用の無線電話、レジャーボート・ヨットなどに開設する5W以下の無線局設備の操作および5KW以下のレーダーの操作。

[海上特殊2級]
無線工学(無線設備の取扱い方法)、法規(電波法及びこれに基づく命令)。
操作範囲は、主として小型船舶(漁船)などに設けられた中短波(10W以下)、VHF(50W以下)の小無線局の無線装置の操作。

[海上特殊1級]
無線工学(無線設備の取扱い方法)、電気通信術、法規(電波法及びこれに基づく命令、、国際電気通信条約及び附属規則)、英語。
操作範囲は国際VHF波通信を行う無線装置の操作。

[海上特殊レーダー級]
無線工学(レーダーの取扱い)、法規(電波法およびこれに基づく命令)。
操作範囲はハーバー・船舶・航空路監視等各種レーダーの操作

受験申込期間

試験月の前々月の1日~20日

試験実施日

[海上4級]8月、翌年2月。[海上3~1級]9月、翌年3月。[海上特殊]6月、10月、翌年2月。

試験地

札幌、仙台、東京、長野、名古屋、金沢、大阪、広島、松山、熊本、那覇。

受験料

[海上4級]7050円。[海上3級]8850円。[海上2級]13650円。[海上1級]15450円。[海上特殊3・2・レーダー級]各5150円。[海上特殊1級]6550円。

合格率

37%

資格関連書籍

海上無線通信士/海上特殊無線技士関連の人気書籍

お問い合わせ先

海上無線通信士/海上特殊無線技士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本無線協会本部
http://www.nichimu.or.jp/

海上無線通信士/海上特殊無線技士について

海上無線通信士/海上特殊無線技士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。海上無線通信士/海上特殊無線技士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。