入国警備官

入国警備官に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。入国警備官の資格取得なら、資格DBにお任せください。



入国警備官の資格取得ガイド

入国警備官とは、不法入国や不法残留による違反事件の調査、収容、送還等の職務を行う資格者。世界各国との交流が活発化し、日本を訪れる外国人の数が増える中で、国際交流の秩序を守る重要や任務である。

資格区分

国家資格

受験資格

入国警備官の受験資格は以下の通りです。

試験実施年4月1日現在、17歳以上23歳未満。

資格試験内容

[試験内容]

[1次]
[教養試験] 多肢選択式、2時間20分
一般的な知識及び知能(国語・社会・数学・理科・英語などの知識や文章理解・判断推理・数的推理・資料解釈などの能力)
[作文試験] 50分

[2次]
[人物試験] 個別面接
[身体測定]
(1)身長:男子160cm、女子156cm
(2)体重:男子47kg、女子46kg
(3)胸囲:78cm以上
(4)視力:両眼とも裸眼視力0.6以上または両眼で矯正視力が1.0以上
(5)色覚に異常のない者
(6)四肢の運動機能に異常の無い者
[身体検査]
(1)胸部疾患
(2)血圧
(3)尿
(4)眼・聴器、ほか一般内科系検査
[体力検査]
(1)身体の瞬発力:垂直跳び
(2)腹筋力:上体起こし

受験申込期間

郵送・持参:7月中旬~8月上旬。インターネット申込:7月中旬~下旬。(インターネット申込による問い合わせは、人事院事務総局人材局試験課)

試験実施日

[1次]9月下旬。[2次]10月中旬。

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島(1次のみ)、那覇。

受験料

合格率

8%

資格関連書籍

入国警備官関連の人気書籍

お問い合わせ先

入国警備官についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

法務省各地方入国管理局
東京の場合:東京入国管理局
http://www.moj.go.jp

入国警備官について

入国警備官に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。入国警備官の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。