建築設備検査士資格者

建築設備検査士資格者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。建築設備検査士資格者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



建築設備検査士資格者の資格取得ガイド

建築設備検査士資格者とは、ホテル・デパート・病院・マンション等の公共性の高い建築物の安全管理を行う資格者。国土交通大臣の登録を受けた講習を修了することで資格取得となるが、高度な専門知識と実務経験が必要となる。

資格区分

国家資格

受験資格

建築設備検査士資格者の受験資格は以下の通りです。

建築学、機械工学、電気工学に関する課程を修めて各学校を卒業後、建築設備に関し下記条件に該当する一定年数以上の実務経験者。
(1)大学卒業後、実務経験を2年以上有する者。
(2)修業年限3年の短期大学卒業後、実務経験を3年以上有する者。
(3)上記に掲げる(2)を除く短期大学、高等専門学校卒業後、実務経験を4年以上有する者。
(4)高等学校卒業後、実務経験を7年以上有する者。
(5)実務経験のみを11年以上有する者。
(6)建築設備に関する建築行政の実務経験を2年以上有する者。
(7)一・二級建築士、建築基準適合判定資格者、建築設備士の有資格者。

資格試験内容

[講習内容]
(1)建築設備定期検査制度総論
(2)建築設備に関する建築基準法令等
(3)建築学概論
(4)換気・空気調和設備
(5)排煙設備
(6)電気設備
(7)給排水衛生設備
(8)建築設備の耐震規制・設計指針
(9)建築設備的検査業務基準
(10)建築設備に関する維持保全
(11)修了考査(修了考査に合格することで建築設備検査資格者となる)

※建築設備士の資格を有するもので講習科目の一部免除を希望する者は、上記講習科目の(2)~(8)が免除対象となる。

受験申込期間

6月~7月

試験実施日

毎年9月~12月頃の4日間

試験地

東京、名古屋、大阪。(東京のみ2回開講)

受験料

48000円

合格率

資格関連書籍

建築設備検査士資格者関連の人気書籍

お問い合わせ先

建築設備検査士資格者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本建築設備・昇降機センター設備部
http://www.beec.or.jp

建築設備検査士資格者について

建築設備検査士資格者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。建築設備検査士資格者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。