特殊建築物等調査資格者

特殊建築物等調査資格者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。特殊建築物等調査資格者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



特殊建築物等調査資格者の資格取得ガイド

特殊建築物等調査資格者とは、劇場・映画館等の不特定多数の人が利用する建築物を、総合的に調査する資格者。講習を受講し、修了考査に合格することで資格を取得することが可能である。

資格区分

公的資格

受験資格

特殊建築物等調査資格者の受験資格は以下の通りです。

建築・土木・機会・電気等に関する課程を修めて各学校を卒業したのち、建築に関して下記条件に該当する一定年数以上の実務経験を有する者。
(1)大学卒業後、実務経験を2年以上有する者。
(2)修業年限3年の短期大学卒業後、実務経験を3年以上有する者。
(3)上記に掲げる(2)を除く短期大学、高等専門学校卒業後、実務経験を4年以上有する者。
(4)高等学校卒業後、実務経験を7年以上有する者。
(5)実務危険のみを11年以上有する者。
(6)建築行政に関して実務経験を2年以上有する者。
(7)消防吏員として火災予防業務の実務経験を5年以上有する者。
(8)甲種消防設備士、または防火対象物点検資格者として実務経験を5年以上有する者。
(9)既認定資格者(特殊建築物等調査資格者)。

資格試験内容

[講習内容]
(1)特殊建築物等定期調査制度総論
(2)建築学概論
(3)建築基準法令の構成と概要
(4)特殊建築物等の維持保全
(5)建築構造
(6)防火・非難
(7)その他の事故防止
(8)特殊建築物等調査業務基準
(9)修了考査

[申し込み方法]
申込用紙は下記の窓口にて配布
(1)全国都道府県庁及び主要市(区)役所建築課・建築指導課
(2)全国主要消防本部(局)予防課
(3)定期報告取扱地域法人、全国各地建築士会、建築士事務所協会、その他建築関係団体窓口

郵送希望の場合は、80円切手を貼り、宛先を記入した返信用封筒を同封して、直接(財)に本建築防災協会講習会係に申し込む。

受験申込期間

6月中旬~開講3週間前(定員になり次第締め切られる)

試験実施日

9月~12月(年5回)、講習期間は延べ4日間

試験地

東京、名古屋、大阪、福岡。

受験料

47000円

合格率

資格関連書籍

特殊建築物等調査資格者関連の人気書籍

お問い合わせ先

特殊建築物等調査資格者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本建築防災協会
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/

特殊建築物等調査資格者について

特殊建築物等調査資格者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。特殊建築物等調査資格者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。