消防設備士

消防設備士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。消防設備士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



消防設備士の資格取得ガイド

消防設備士とは、甲種消防設備士と乙種消防設備士にわけられ、建築物に設置する屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの工事や整備・点検などをおこなうのが甲種消防設備士。乙種消防設備士は、工事はできないが整備や点検を行うことができる。

資格区分

国家資格

受験資格

消防設備士の受験資格は以下の通りです。

[乙種]
誰でも受験可能
[甲種]
(1)大学・短大・高専・高校または中等教育学校で機械、電気、工業化学、土木または建築に関する学科、課程を修めて卒業した者。
(2)乙種消防設備士免状の交付を受けた後、2年以上消防用設備等の整備の実務経験を有する者、ほか。
[甲種特類]
甲種1~3類のうちの1つと、甲種4類と5類の3つの免状の交付を受けている者。

資格試験内容

[試験内容]
試験区分は[乙種]、[甲種]、[甲種特類(特殊消防用設備等)]に分けられる。

[1類]
屋内・屋外消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備
[2類]
泡消火設備
[3類]
不活性ガス・ハロゲン化物・粉末消火設備
[4類]
自動火災報知・ガス漏れ火災警報・消防機関へ通報する火災報知設備
[5類]
金属性避難はしご、救助袋、緩降機
[6類]
消化器
[7類]
漏電火災警報器

※[6類]、[7類]は乙のみ

[学科]
(1)消防関係法令
(2)機械、電気に関する基礎的知識(甲種特類は除く)
(3)試験区分の消防用設備等の構造・機能・整備の方法(甲種特類は除く。甲種は構造・機能・工事・整備の方法)に関する四肢択一式試験
(4)工事整備対象設備等の構造・機能・工事・整備の方法・性能に関する火災及び防火に係わる知識(甲種特類のみ)

[実技]
[甲種]、[乙種]のみ
(1)写真・イラスト・図面等による記述式試験(鑑別等)
(2)製図(甲種のみ)

受験申込期間

試験実施日

各都道府県及び受験区分により異なる

試験地

各都道府県

受験料

[乙種]3400円。[甲種]5000円。

合格率

29%

資格関連書籍

消防設備士関連の人気書籍

お問い合わせ先

消防設備士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各地の消防署または、(財)消防試験研究センター各支部
東京の場合:中央試験センター
http://www.shoubo-shiken.or.jp

消防設備士について

消防設備士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。消防設備士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。