非破壊試験技術者資格試験

非破壊試験技術者資格試験に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。非破壊試験技術者資格試験の資格取得なら、資格DBにお任せください。



非破壊試験技術者資格試験の資格取得ガイド

非破壊試験技術者資格試験とは、金属・構造物などの深傷検査を行う技術者の技術能力をはかる資格試験。資格の種別、レベルは20種類以上に細分化されている。認定を受けた有資格者は、構造物検査会社・品質保証関連会社での業務などにも携わることができる。

資格区分

民間資格

受験資格

非破壊試験技術者資格試験の受験資格は以下の通りです。

レベル1の新規受験者は、下記条件の最低訓練時間が必要である。
レベル2・3の新規受験者についても最低訓練時間の規定があり、詳細は問い合わせ先記載の協会へ問い合わせが必要。
・[放射線透過試験][超音波深傷試験][渦流深傷試験]:40時間
・[磁粉深傷試験][浸透深傷試験][ひずみ測定][超音波厚さ測定]:16時間
・[極間法磁粉深傷検査][通電法磁粉深傷検査][コイル法磁粉末深傷検査][溶剤除去性浸透深傷検査][水洗性浸透深傷検査]:8時間

資格試験内容

[資格の種類]

[放射線透過試験]レベル1・2・3
[超音波深傷試験]レベル1・2・3
[磁粉深傷試験]レベル1・2・3
[浸透深傷試験]レベル1・2・3
[渦流深傷試験]レベル1・2・3
[ひずみ測定]レベル1・2・3
[超音波厚さ測定]レベル1
[極間法磁粉深傷検査]レベル1・2
[通電法磁粉深傷検査]レベル1
[コイル法磁粉深傷検査]レベル1
[溶剤除去性浸透深傷検査]レベル1・2
[水洗性浸透深傷検査]レベル1

[試験内容]

[1次]
筆記試験(レベル1・2・3)
[2次]
実技試験(レベル1・2 )
筆記試験(レベル3)

※1次試験、2次試験に不合格となった者は、1回に限り次回に行われる試験を再試験として受験できる。また、資格発効日から10年後の有効期限の2年前から半年前までに、取得した資格を継続させるための再認証試験が行われる。

受験申込期間

春季:2月頃。秋季:9月下旬。

試験実施日

[1次]春季:3月下旬。秋季:9月下旬。[2次]春季:5月上旬~6月下旬。秋季:11月上旬~12月下旬。

試験地

札幌、千葉、東京、神奈川、名古屋、新潟、大阪、広島、福岡、長崎、ほか

受験料

各種とも1技術部門につき13395円。

合格率

34%

資格関連書籍

非破壊試験技術者資格試験関連の人気書籍

お問い合わせ先

非破壊試験技術者資格試験についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本非破壊検査協会認証事業本部
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsndi/

非破壊試験技術者資格試験について

非破壊試験技術者資格試験に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。非破壊試験技術者資格試験の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。