液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。液化石油ガス設備士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



液化石油ガス設備士の資格取得ガイド

液化石油ガス設備士とは、LPガス設備(配管等)の工事を施工するのに必要な国家資格。この資格取得には、国家試験を受験して取得する方法と、講習と修了試験によって取得する方法がある。

資格区分

受験資格

液化石油ガス設備士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容] (※国家試験を受験する場合)

[筆記]
(1)法令 (60分)
供給設備及び消費設備の保管に関する法律

(2)配管理論等 (90分)
・液化石油ガスに関する基礎知識
・液化石油ガス設備工事に必要な機械、器具、または材料に関する知識
・配管理論、配管設計および燃焼理論
・液化石油ガス設備工事の施工方法
・供給設備及び消費設備の検査方法
※前年度筆記試験合格者は、当年度の筆記試験が免除される

[技能]
(1)配管用材料及び工具の使用
(2)硬質管の加工および接合
(3)器具等の取り付け
(4)機密試験の実施

※講習は現在、第2・第3講習のみ実施されており、2日間の講習修了後に筆記試験と技能試験が行われる。
第2の受講資格は1年以上の実務経験者、第3は管工事施工管理技士、職業能力開発工配管科修了者、建築配管技能士などの有資格者となっている。

受験申込期間

8月下旬~9月上旬(2005年度よりインターネット申請受付も開始)

試験実施日

[筆記]11月中旬。[技能]11月下旬。

試験地

全国の約65の市区町村

受験料

23000円

合格率

45%

資格関連書籍

液化石油ガス設備士関連の人気書籍

お問い合わせ先

液化石油ガス設備士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

高圧ガス保安協会試験センター
http://www.khk.or.jp

液化石油ガス設備士について

液化石油ガス設備士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。液化石油ガス設備士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。