特定高圧ガス取扱主任者

特定高圧ガス取扱主任者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。特定高圧ガス取扱主任者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



特定高圧ガス取扱主任者の資格取得ガイド

特定高圧ガス取扱主任者とは、液化酸素、液化塩素、液化石油ガス、圧縮水素、液化アンモニア、特殊高圧ガス、圧縮天然ガスの7種類の特定高圧ガスを、一定数量以上貯蔵して消費したり、他の事業所から導管により供給を受けて消費したりする事業所において必要な資格。

資格区分

国家資格

受験資格

特定高圧ガス取扱主任者の受験資格は以下の通りです。

誰でも受講可能

資格試験内容

[講習内容]
下記は資格取得の一方法として、高圧ガス保安協会が実施する講習会の内容である。
液化酸素、液化塩素、液化石油ガス、圧縮水素、液化アンモニア、特殊高圧ガス、圧縮天然ガスの7種類にわかれ、次の科目について行われる。

(1)高圧ガス保安法令と王圧ガスの一般的性質
(2)特定高圧ガスの消費に必要な学識および保安管理の技術

※講習会は誰でも受講可能で、学科のみ2日間にわかって行われ、講習修了後に検定試験(筆記試験)が実施される。

[選任要件]
特定高圧ガス取扱主任者として選任される要件は次の通り。

(1)当該特定高圧ガスの製造または消費に関して、1年以上の経験を有する者。
(2)大学・高等専門学校等で理学、または工学に関する課程を修めて卒業した者。
(3)高圧ガス保安協会が行う特定高圧ガスの取扱いに関する講習の課程を修了した者。
(4)高校等で工業に関する課程を修めて卒業した者であって、特定高圧ガスの製造または消費に関して、6ヶ月以上の経験を有する者。
(5)高圧ガス製造保安責任者免状のうち、甲種化学責任者免状、乙種化学責任者免状、丙種化学責任者免状、甲種機械責任者免状、乙種機械責任者免状、または、高圧ガス販売主任者免状のうち第一種販売主任者免状の交付を受けている者(液化石油ガスにあっては、第一種販売主任者免状を除く)。

受験申込期間

講習期日の約1ヶ月前(詳細は案内書を参照)

試験実施日

[講習]4月上旬~中旬、8月下旬~9月中旬、11月中旬~下旬の各2日間。[検定]4月中旬、9月中旬、11月下旬。

試験地

全国約10ヶ所

受験料

受講・受験料:各10600円

合格率

資格関連書籍

特定高圧ガス取扱主任者関連の人気書籍

お問い合わせ先

特定高圧ガス取扱主任者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

高圧ガス保安協会教育事業部業務課
http://www.khk.or.jp

特定高圧ガス取扱主任者について

特定高圧ガス取扱主任者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。特定高圧ガス取扱主任者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。