危険物取扱者

危険物取扱者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。危険物取扱者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



危険物取扱者の資格取得ガイド

危険物取扱者とは、危険物の性質や消火法、法規制などについての知識を持ち、危険物の貯蔵や取扱方法、その指示を行う資格者。甲、乙、丙の3種類に分かれており、それぞれに扱うことのできる危険物が異なるが、甲種は全種類の危険物を扱うことができる。

資格区分

国家資格

受験資格

危険物取扱者の受験資格は以下の通りです。

[丙種・乙種]
誰でも受験可能
[甲種]
(1)大学、短大・高専で化学に関する学科、課程を修めて卒業した者、またはこれに準ずる学力を有すると認められる者。
(2)乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等において2年以上の危険物取扱いの実務経験を有する者。

資格試験内容

[試験内容]

[丙種]
下記の3分野についての四肢択一式筆記試験が行われる。
(1)危険物に関する法令
(2)燃焼および消化に関する基礎的知識
(3)危険物の性質ならびにその火災予防、消火の方法

[乙種]
6類に分かれ、下記の3分野について五肢択一式筆記試験が行われる。
(1)危険物に関する法令
(2)基礎的な物理学および基礎的な化学
(3)危険物の性質ならびにその火災予防、消火の方法

[甲種]
下記の3分野についての五肢択一式筆記試験が行われる。
(1)危険物に関する法令
(2)物理学および化学
(3)危険物の性質ならびにその火災予防、消火の方法

※乙種(1~6類)のいずれかの類の免状を有する者は、ほかの類を受験する場合、上記乙種試験の(1)(2)の科目が免除される。

受験申込期間

都道府県および試験区分により異なる

試験実施日

都道府県および試験区分により異なる。※東京都の場合、受験希望者が最も多い乙種第4類(石油類、アルコール類、動植物油類などを取り扱える区分)は月2~3回実施されている。丙種と第4類以外の乙種、甲種は2ヶ月に1回程度実施されている。

試験地

各都道府県

受験料

[丙種]2700円。[乙種]3400円。[甲種]5000円。

合格率

35%

資格関連書籍

危険物取扱者関連の人気書籍

お問い合わせ先

危険物取扱者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各地の消防署または、(財)消防試験研究センター各支部
東京都の場合:中央試験センター
http://www.shoubo-shiken.or.jp

危険物取扱者について

危険物取扱者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。危険物取扱者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。