樹木医

樹木医に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。樹木医の資格取得なら、資格DBにお任せください。



樹木医の資格取得ガイド

樹木医とは、樹木の診断や治療、後継樹の保護育成を行うほか、樹木保護に関する知識の普及や指導を行う専門家である。

資格区分

民間資格

受験資格

樹木医の受験資格は以下の通りです。

樹木の保護、樹勢回復などに関する研究、あるいは実務に従事した業務経験が通算して7年以上ある者、および樹木医補で業務経験を1年以上有する者。
業務経験とは、下記のようなことをいう。
・大学、研究所の教職員、研究員(林学、農学、造園学、園芸学など)。
・国、地方公共団体の農林、緑化関係職員。
・農林業、緑化関係の公益法人公益法人、会社などの役職員。
・農林高等学校、専門学校の教職員。
・造園業、植木生産業、農業(果樹栽培など)、林業(伐木作業は除く)などの従事者。
あるいはそのOBで樹木医にふさわしい実績のある者が対象となる。

資格試験内容

[試験内容]
研修に先立ち、[樹木医研修受講者選抜試験](定員120名)が、下記内容にて行われる。

[筆記]
研修科目から作成された選択式と、論述式の出題
[業績審査]
提出した研修申込書・職務経歴証明書より審査


[研修科目]
(1)樹木の分類
(2)樹木の生理
(3)樹木・樹林の生態
(4)樹木の構造と機能
(5)樹木保護に関する制度
(6)土壌の診断
(7)病害の診断と防除
(8)虫害の診断と防除
(9)腐朽病害の診断と対策
(10)大気汚染害の診断と対策
(11)気象害の診断と対策
(12)後継樹木の育成と遺伝子保存
(13)幹の外科技術と機器による診断
(14)樹木の移植法
(15)土壌改良と発根促進
(16)総合診断

※研修期間中に履修科目ごとに行われる筆記試験と、研修最終日に行われる面接の結果に基づき、樹木医審査委員会が資格審査を行い、合格者を決定する。

受験申込期間

試験実施日

[受講者選抜試験]7月下旬。[研修]10月上旬~下旬。

試験地

[受験者選抜試験]仙台、東京、名古屋、大阪、福岡。
[研修]つくば

受験料

[受講者選抜試験]18000円。[研修]65000円。

合格率

24%

資格関連書籍

樹木医関連の人気書籍

お問い合わせ先

樹木医についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本緑化センター
http://www.jpgreen.or.jp/

樹木医について

樹木医に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。樹木医の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。