ビオトープ管理士

ビオトープ管理士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。ビオトープ管理士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



ビオトープ管理士の資格取得ガイド

ビオトープ管理士とは、自然を守るための調査・研究、保護、環境教育などのさまざまな活動や提案を行う資格者。ビオトープとは、地域の野生動植物が生息・生育していける空間のことをいう。

資格区分

民間資格

受験資格

ビオトープ管理士の受験資格は以下の通りです。

[2級]
基礎的な知識を有する技術者レベル。誰でも受験可能。
[1級]
業務担当責任者レベル。下記条件に該当する者が受験可能。
(1)4年生大学卒業後、7年以上の実務経験者。
(2)短大・専門学校・高等専門学校卒業後、9年以上の実務経験を有する者。
(3)高校卒業後、11年以上の実務経験を有する者。
(4)ビオトープ管理士2級取得後、7年以上の実務経験を有する者。
(5)1級土木施行管理技士・造園施行管理技士資格所持者で、資格を取得してからの実務経験を4年以上有する者、ほか。

資格試験内容

[資格の種類]
[ビオトープ計画管理士]
地域の自然生態系の保護・保全、復元、創出の理念や野生生物等の調査技術を踏まえた広域的な地域計画(都市計画・農村計画など)のプランナー

[ビオトープ施行管理士]
地域の自然生態系の保護・保全、復元、創出の理念や野生生物等の調査技術を踏まえた設計・施行にあたる事業現場担当の技術者。


[試験内容]
[2級]
[筆記]
(1)共通3科目(生態学、ビオトープ論、環境関連法)
(2)専門科目(計画部門または施行部門)
(3)小論文
[1級]
[筆記]
2級(1)~(3)に同じ
[口述]
筆記試験合格者のみ

受験申込期間

試験実施日

[2級]筆記:9月下旬。[1級]筆記:9月下旬。口述:12月中旬。

試験地

札幌、仙台、秋田、郡山、新潟、東京、長野、浜松、金沢、名古屋、大阪、広島、徳島、福岡、鹿児島。

受験料

[2級]9000円。[1級]13000円。

合格率

46%

資格関連書籍

ビオトープ管理士関連の人気書籍

お問い合わせ先

ビオトープ管理士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本生態系協会ビオトープ管理士係
http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/

ビオトープ管理士について

ビオトープ管理士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。ビオトープ管理士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。