飼料製造管理者

飼料製造管理者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。飼料製造管理者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



飼料製造管理者の資格取得ガイド

飼料製造管理者とは、消費者の安全な食生活を守るために、家畜の飼料や飼料添加物の製造あるいは保存等について管理し、指導を行う資格者。

資格区分

国家資格

受験資格

飼料製造管理者の受験資格は以下の通りです。

3年以上の実務経験者。
ただし下記条件に該当する者は受講の必要はない。
(1)獣医師または薬剤師。
(2)大学、高等専門学校において薬学、獣医学、畜産学、水産学、または農芸化学の課程を修めて卒業した者。

資格試験内容

[講習内容]

(1)飼料概論:飼料学総論、飼料原料各論
(2)飼料添加物概論:飼料添加物、合成抗菌剤、抗生物質製剤
(3)飼料および飼料添加物の安全対策:遺伝子組み換え体飼料、病原微生物、ほか
(4)飼料の安全性の確保および品質の改善に関する法令
(5)関係法規:家畜衛生に関する法令、食品衛生に関する法令
(6)飼料および飼料添加物の製造管理:工場における製造管理、BSE対策、ほか
(7)家畜栄養学
(8)家畜衛生学
(9)飼料および飼料添加物の分析、鑑定および実習

※「飼料添加物」とは、飼料の品質低下の防止その他を目的として、飼料に添加、混和、浸潤などの方法によって用いられるもので、農林水産大臣が指定。


[修了認定]
受講時間数が講習時間の90%以上で、試験の成績が優秀な者を修了者として認定する。

[申込方法]
受講申請書に必要事項を記入のうえ、写真2枚を添えて問い合わせ先に郵送する。

受験申込期間

試験実施日

6日間(試験日を含む) ※原則としては隔年開催。詳細は(独)農林水産消費安全技術センターへ問い合わせる。

試験地

さいたま

受験料

開催年により異なる。

合格率

資格関連書籍

飼料製造管理者関連の人気書籍

お問い合わせ先

飼料製造管理者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(独)農林水産消費安全技術センター 肥飼料安全検査部飼料管理課
http://www.famic.go.jp/

飼料製造管理者について

飼料製造管理者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。飼料製造管理者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。