環境計量士

環境計量士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。環境計量士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



環境計量士の資格取得ガイド

環境計量士とは、環境計測に関する測量の知識・技能をはかる資格試験。濃度の計量・計量管理に必要な知識を判定する濃度関係、音圧レベル・振動加速度レベルの計量・計量管理の知識を判定する騒音・振動関係に分かれる。

資格区分

国家資格

受験資格

環境計量士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]

[環境計量士(濃度関係)] 筆記試験、五肢択一式、1科目につき25問
(1)環境計量に関する基礎知識(環境関係法規および化学に関する基礎知識)
a.環境関係法規(環境基本法、大気汚染防止法、水質汚濁防止法)
b.化学
(2)化学分析概論および濃度の計量
a.化学分析の応用一般
b.濃度の計量単位
c.濃度計に係る基礎原理、取扱い、保守管理、その他濃度の計量一般に関する知識
(3)計量関係法規
a.計量法の体系全般にわたる知識
(4)計量管理概論
a.計量管理および計量器の管理に関する基礎知識
b.計量管理の計画・実施に関する知識
c.計量管理にかかわる各種手法に関する知識

[環境計量士(騒音・振動関係)] 筆記試験、五肢択一式、1科目につき25問
(1)環境計量に関する基礎知識(環境関係法規および物理に関する基礎知識)
a.環境関係法規(環境基本法、騒音規正法、振動規正法等)
b.物理
(2)音響・振動概論ならびに音圧レベルおよび振動加速度レベルの計量
a.音響・振動の性質等に関する知識
b.音圧レベルおよび振動加速度レベルの計量一般に関する知識
(3)(4)は[環境計量士(濃度関係)]と同様。


[試験の免除]
すでにいずれかの区分で合格している者が、他の区分を受験する場合には、申請に基づき上記科目のうち、(3)計量関係法規と(4)計量管理概論の2科目が免除される。

[計量士]
計量士として、計量法上の計量管理などの職務を行う場合は、経済産業大臣の登録を受ける必要がある。その場合、計量に関する実務(特定計量器の定期検査・検定または計量証明検査業務、基準器検査常務、計量に関する取締り業務)に1年以上従事していなければならない。

受験申込期間

10月中旬~下旬

試験実施日

3月上旬の日曜日。 ※経済産業省ホームページ、および9月上旬の官報参照

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇。

受験料

8500円

合格率

12%

資格関連書籍

環境計量士関連の人気書籍

お問い合わせ先

環境計量士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各地の経済産業局および内閣府沖縄総合事務局の担当課
経済産業省産業技術環境局基盤課計量行政室
http://www.meti.go.jp

環境計量士について

環境計量士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。環境計量士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。