臭気判定士

臭気判定士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。臭気判定士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



臭気判定士の資格取得ガイド

臭気判定士とは、試料の採取、パネル選定、試料の調整と試験の実施、結果のまとめなど判定試験全体の責任者。試料採取時期の決定や試験開始、希釈倍数の決定など、自らも正常な嗅覚の持ち主なければならない。

資格区分

国家資格

受験資格

臭気判定士の受験資格は以下の通りです。

試験日に18歳以上であれば、誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]
五肢択一式、マークシート式。

(1)嗅覚概論:人の嗅覚とにおいの役割等、ほか
(2)悪臭防止行政:悪臭防止法・施行規則・告示等の内容と運用、地方自治体の条例による規制および指導と法令との関係、ほか
(3)悪臭測定概論:機器測定法・嗅覚による臭気測定法全般、嗅覚測定法に関する基本的な考え方と具体的な方法、ほか
(4)分析統計概論:度数分布・代表値・散布度・単回帰・相関等のデータの基本構造、ほか
(5)臭気指数等の測定実務:臭気発生源の特徴、測定に使用する機材とその取扱い、試料採取方法、パネルの選定とその管理、ほか

※臭気判定士の免状は、臭気判定試験と嗅覚検査ともに合格し、申請をして初めて交付される。判定士免状を始めて申請する際、申請日前1年以内に実施した[嗅覚検査]に合格する必要がある。

[嗅覚検査]
(1)検査方法
におい紙5本中2本ついた基準臭を嗅ぎ当てる。
これを5種類の基準臭について繰り返す(所要時間約15分)
(2)期日
年間を通じて実施
(3)検査地
北海道から鹿児島まで約40の検査機関
(4)受験料
9000円

※においに関する知識・技術の習得を、また臭気判定士を目指している人のために、(社)におい・かおり環境協会が「臭気判定技術講習会」を開いている。

受験申込期間

7月中旬~9月中旬

試験実施日

11月中旬

試験地

東京、名古屋、大阪。

受験料

18000円

合格率

42%

資格関連書籍

臭気判定士関連の人気書籍

お問い合わせ先

臭気判定士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)におい・かおり環境協会
http://www.orea.or.jp

臭気判定士について

臭気判定士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。臭気判定士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。