自転車安全整備士

自転車安全整備士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。自転車安全整備士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



自転車安全整備士の資格取得ガイド

自転車安全整備士とは、自転車の点検・整備とともに事故を未然に防ぐ交通指導を行う資格者。また、障害・賠償保険を付帯したTSマークの貼付等も行う。

資格区分

民間資格

受験資格

自転車安全整備士の受験資格は以下の通りです。

18歳以上で、自転車の安全利用に関する指導ならびに自転車の点検整備に関し、2年以上の実務経験がある者。

資格試験内容

[試験内容]
試験は下記のとおり、学科、実技、面接が行われる。

[学科]
(1)自転車の種類、各部分の名称および機能など
(2)点検整備に使用する工具の名称およびその使用方法
(3)普通自転車の点検整備基準
(4)自転車に関する道路交通法などの知識
(5)自転車の安全利用の推進に必要な知識

[実技]
(1)準備作業(20分)
(2)分解:整理した試験用自転車を取り外し、分解(制限時間25分)
(3)組立て:適切な工具を使用して組み立てるもので、まず後車輪を組み立てた後、試験対象除外部品に関する項目を除きJISD9301-2004「一般用自転車」に適合するよう完成車に組み立てる。組み立てる順序は自由(制限時間80分)

※[実技]に使用する試験用自転車1台と工具は各自持参。なお試験用自転車は車輪の径の呼び26以上、外装変速機付きなどの使用に適合する市販のスポーツ車(マウンテンバイク類形車を含む)またはマウンテンバイクで新車とする。

[面接]
自転車の安全な乗り方、安全な自転車の選び方、ルール、マナー等の知識・指導能力。
※過去の試験問題は(財)日本交通管理技術協会を通して公表している。

受験申込期間

6月上旬~中旬

試験実施日

原則として年1回(8月)

試験地

札幌、仙台、さいたま、東京、名古屋、大津、堺、高松、福岡の合計10試験地を予定。
(試験地を3区分して、うち1試験地しか受験できない)

受験料

18900円

合格率

69%

資格関連書籍

自転車安全整備士関連の人気書籍

お問い合わせ先

自転車安全整備士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本交通管理技術協会
http://www.tmt.or.jp/

自転車安全整備士について

自転車安全整備士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。自転車安全整備士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。