運行管理者

運行管理者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。運行管理者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



運行管理者の資格取得ガイド

運行管理者とは、事業用自動車の運行を管理する営業所ごとに配置が義務付けられている、車の安全な運行を指示する重要な役割を担う資格者。

資格区分

国家資格

受験資格

運行管理者の受験資格は以下の通りです。

(1)自動車運送事業(貨物軽自動車運送事業を除く)または、特定第二種貨物利用運送事業の事業用自動車(緑ナンバー)の運行の管理に関して、1年以上の実務経験を有する者(受験申請に際し、実務に関する証明書等が必要)。
(2)(独)自動車事故対策機構が平成7年4月1日以降実施の「基礎講習」を修了した者(受験申請に際し、基礎講習修了に関する証明等が必要)。

資格試験内容

[試験内容]
試験は、貨物と旅客の2種類があり、筆記で行われる。

[貨物]
(1)貨物自動車運送事業法関係(8題)
(2)道路運送者両方関係(4題)
(3)道路交通法関係(5題)
(4)労働基準法関係(6題)
(5)その他の運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識および能力(7題)

[旅客]
(1)道路運送法関係(8題)
(2)~(5)上記[貨物]に同じ

[申込方法]
各都道府県のトラック、バス、タクシー協会等で頒布される受験願書を含む試験案内書一式(1部1000円)を求め、写真2枚、証明書などに受験料の払い込み受付証明書(所定の郵便振替用紙で郵便局へ払い込む)を添付し、公示された日時・期間内に「(財)運行管理者試験センター」に簡易書留郵便で申し込む。
詳細は(財)運行管理者試験センター 試験事務センターへ問い合わせる。

受験申込期間

6月上旬~中旬。12月上旬~中旬。

試験実施日

8月の第4日曜日。翌年3月の第1日曜日。

試験地

試験案内書に記載する試験地の中から、希望するし見地を選択する(試験場は、受験資格等審査修終了後に郵送する受験通知書にて知らせる)。

受験料

6000円

合格率

44%

資格関連書籍

運行管理者関連の人気書籍

お問い合わせ先

運行管理者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)運行管理者試験センター 試験事務センター
http://www.unkan.jp/

運行管理者について

運行管理者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。運行管理者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。