自家用操縦士(滑空機・飛行船)

自家用操縦士(滑空機・飛行船)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。自家用操縦士(滑空機・飛行船)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



自家用操縦士(滑空機・飛行船)の資格取得ガイド

自家用操縦士(滑空機・飛行船)とは、グライダーや自家用飛行船を趣味として楽しみたい人のための資格。自家用飛行船は、プロの事業用操縦士・飛行船となる最初のステップとして取得する人が多い資格でもある。

資格区分

国家資格

受験資格

自家用操縦士(滑空機・飛行船)の受験資格は以下の通りです。

[自家用操縦士・動力滑空機]
16歳以上で、出発地点から120km以上の野外飛行で、中間1回以上の生地着陸などを含む飛行の経験を有する者。
[自家用操縦士・上級滑空機]
16歳以上で、えい航による30回以上などの滑空を含む、単独操縦による3時間以上の滑空の経験を有する者。
[自家用操縦士・飛行船]
17歳以上で、10回以上の離陸を含む5時間以上の単独飛行などを含む、50時間以上の飛行の経験を有する者。

資格試験内容

[試験内容]

[動力滑空機]
[学科]
(1)航空工学
(2)滑空飛行に関する気象
(3)空中航法
(4)航空通信概要
(5)国内航空法規
[実地]
(1)運航に必要な知識
(2)飛行前作業
(3)飛行場および場周経路における運航
(4)各種離着陸ならびに着陸復行、ほか

[上級格滑空機]
[学科]
[動力]に同じ
[実地]
(1)~(3)は[動力]に同じ
(4)えい航による飛行、ほか

[飛行船]
[学科]
(1)航空工学
(2)航空気象
(3)空中航法
(4)航空通信
(5)航空法規(国内航空法規、国際航空法規概要)
[実地]
(1)~(4)は[動力]に同じ
(5)基本的な計器による飛行、ほか

※実地試験の期日・場所等は、学科試験合格者に別途通知される。


[申込方法]
技能証明申請書や受験申込書など必要書類をそろえ、下記へ提出する。
東京航空局保安部運用課検査乗員係(千歳、岩沼、東京を受験地とする者)
大阪航空局保安部運用課検査乗員係(名古屋、大阪、福岡、宮崎、那覇を受験地とする者)

受験申込期間

試験実施日

年3回:7月、11月、3月(詳細については官報にて公示)。

試験地

千歳、岩沼、東京、名古屋、大阪、福岡、宮崎、那覇。

受験料

[動力滑空機]学科:5600円。実地:40100円。[上級滑空機]学科:5600円。実地:22800円。[飛行船]学科:5600円。実地:46400円。(登録免許税はそれぞれ各3000円)

合格率

37%

資格関連書籍

自家用操縦士(滑空機・飛行船)関連の人気書籍

お問い合わせ先

自家用操縦士(滑空機・飛行船)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

国土交通省航空局技術部乗員検定係
http://www.mlit.go.jp/

自家用操縦士(滑空機・飛行船)について

自家用操縦士(滑空機・飛行船)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。自家用操縦士(滑空機・飛行船)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。