航空工場整備士

航空工場整備士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。航空工場整備士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



航空工場整備士の資格取得ガイド

航空工場整備士とは、航空機の整備など安全性の確認を行う職に携わる資格者。部門により、機体構造、機体装備品、ピストン発動機、タービン発動機、プロペラ、計器、電子装備品、電気装備品、無線通信機器、の9つに分類される。

資格区分

国家資格

受験資格

航空工場整備士の受験資格は以下の通りです。

18歳以上で、3年以上航空機の整備および改造の経験を有する者。

資格試験内容

[試験内容]

[学科]
(1)航空工学(航空力学および航空機の取扱い等)
(2)専門科目(9分野の限定を受ける業務)
(3)航空法規等(ヒューマン・ファクタを含む)

[実地]
(1)整備の基本技術
(2)整備および改造に必要な品質管理の知識
(3)限定を受ける業務についての整備、および改造等に関する知識および技術
※上記(3)に掲げる「限定を受ける業務」の9分野は下記の通り
(1)機体構造
(2)機体装備品
(3)ピストン発動機
(4)タービン発動機
(5)プロペラ
(6)計器
(7)電子装備品
(8)電気装備品
(9)無線通信機器

※実地の期日・場所等は、学科合格者に別途通知する。

受験申込期間

6月上旬~中旬

試験実施日

年2回:7月、3月(詳細については官報にて公示)

試験地

東京、大阪、那覇。

受験料

[学科]5600円。[実地]50100円。登録免許税:9000円。

合格率

47%

資格関連書籍

航空工場整備士関連の人気書籍

お問い合わせ先

航空工場整備士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

国土交通省航空局技術部乗員課検定係
http://www.mlit.go.jp/

航空工場整備士について

航空工場整備士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。航空工場整備士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。