航空工場検査員

航空工場検査員に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。航空工場検査員の資格取得なら、資格DBにお任せください。



航空工場検査員の資格取得ガイド

航空工場検査員とは、航空機の製造や修理の確認、鋼起用機器の製造証明等を行う資格者。2007年7月から制度が改正され、国家試験合格者が航空検査技術者として製造・修理確認、製造証明を行なっている。

資格区分

国家資格

受験資格

航空工場検査員の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]
航空機及び機器別による次の13の試験区分がある。

[航空機]
[航空機用原動機]
[航空機用プロペラ]
[回転翼]
[降着装置]
[発電機]
[空気調和装置用機器]
[飛行指示制御装置]
[統合表示装置]
[レーザージャイロ装置]
[回転翼航空機用トランスミッション]
[ガスタービン発動機制御装置]

※下記のように試験科目の免除制度がある。
(1)各試験区分には4~7科目あるが、一度に全部合格しなくても、3年間に限り合格科目は免除される。
(2)大学・短大・高専等で、航空工学、機械・精密工学、電気・電子工学、計測・応用物理学の課程を修めた卒業者は、申請により科目の一部免除がある。

受験申込期間

6月下旬~7月上旬

試験実施日

10月中の2日間のうち指定された日。

試験地

東京

受験料

8000円

合格率

43%

資格関連書籍

航空工場検査員関連の人気書籍

お問い合わせ先

航空工場検査員についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

経済産業省製造産業局航空機武器宇宙産業課

航空工場検査員について

航空工場検査員に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。航空工場検査員の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。