運航管理者

運航管理者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。運航管理者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



運航管理者の資格取得ガイド

運航管理者とは、航空機乗務員に対して、適切な情報提供と指示を行う資格者。多くの人命にかかわる責任の重い大切な仕事である。

資格区分

国家資格

受験資格

運航管理者の受験資格は以下の通りです。

21歳以上で、定期航空運送事業の用に供する航空機の運航に関して、下記に掲げる経験のうち、1つの経験を2年以上有する者、および2つ以上の経験を通算して2年以上有する者。
(1)操縦を行った経験
(2)空中航法を行った経験
(3)気象業務を行った経験
(4)航空機に乗り組んで無線設備の操作を行った経験
(5)航空交通管制の業務を行った経験

資格試験内容

[試験内容]

[学科]
(1)航空機 (構造、性能および燃料消費)
(2)航空機の運航 (重量配分の基本原則・運航に及ぼす影響)
(3)航空保安施設 (概要、通信組織・施設の運用方法)
(4)無線通信
(5)航空気象
(6)気象通報
(7)天気図の読解
(8)空中航法
(9)法規
[実地]
(1)天気図の読解 (航空機の航行に関する気象状態の予想)
(2)航空機の航行の援助 (課程の悪天候状態における航行の援助)

※実地試験の期日・場所等は、学科試験合格者に別途通知される。


[申込方法]
技能証明申請書や受験申込書など必要書類をそろえ、下記へ提出する。
東京航空局保安部運用課検査乗員係(東京を受験地とする者)
大阪航空局保安部運用課検査乗員係(大阪、那覇を受験地とする者)

受験申込期間

官報にて公示される

試験実施日

年2回:7月、3月(詳細は官報にて公示)

試験地

東京、大阪、那覇。

受験料

[学科]5600円。[実地]49300円。

合格率

28%

資格関連書籍

運航管理者関連の人気書籍

お問い合わせ先

運航管理者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

国土交通省航空局技術部乗員課検定係
http://www.mlit.go.jp/

運航管理者について

運航管理者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。運航管理者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。