航空管制官

航空管制官に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。航空管制官の資格取得なら、資格DBにお任せください。



航空管制官の資格取得ガイド

航空管制官とは、飛行機が安全に飛行できるよう、無線で指示しながら交通整理を行ったり、離着陸できるよう誘導し、仕切る資格者。航空管制官の職場はコントロールタワーとレーダー管制室の2種類に分かれ、コントロールタワーでは、主に目視で飛行機の離着陸などの指示を行い、レーダー管制室ではレーダー機器を駆使しながら上空の飛行機を、安全で最短の距離を通って空港につけるよう誘導する。

資格区分

国家資格

受験資格

航空管制官の受験資格は以下の通りです。

(1)試験実施年4月1日現在、21歳以上、29歳未満の者。
(2)試験実施年4月1日現在、21歳未満で、大学、短大または高専を卒業した者、および卒業見込みの者。
(3)試験実施年4月1日現在、21歳未満で、人事院が上記(2)に掲げる者と同等の資格があると認めた者。

資格試験内容

[試験内容]

[1次]
(1)教養
公務員として必要な一般的な知識および知能
(2)適性
記憶についての検査、空間関係についての検査
(3)外国語
英文解釈、和文英訳、英文法

[2次] ※1次試験合格者が対象となる
(1)外国語(聞き取り・面接)
英語のヒヤリング、簡単な英会話
(2)人物
人柄などについての個別面接
(3)身体検査
主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む)、血圧、尿、その他一般内科系検査
(4)身体測定
視力、色覚、聴力についての測定


[申込方法]
(1)郵送・持参
受験申込書に必要事項を記入し、航空保安大学校へ郵送する。
持参の場合は9:00~17:00(土曜日、日曜日を除く)
(2)人事院インターネットより申し込む
申し込み専用アドレス(http://www.jinji-shiken.jp/moushikomi-s1537.html)へアクセスする。

受験申込期間

[郵送・持参の場合]7月下旬~8月上旬。[インターネットの場合]7月下旬。

試験実施日

[1次]9月下旬。[2次]11月下旬の指定する日。

試験地

[1次]札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、宮崎、那覇。
[2次]札幌、東京、大阪、福岡、那覇。

受験料

合格率

8%

資格関連書籍

航空管制官関連の人気書籍

お問い合わせ先

航空管制官についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

人事院各地方事務局(所)または航空保安大学校 教務課
http://www.kouhodai.ac.jp

航空管制官について

航空管制官に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。航空管制官の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。