海技士(機関)

海技士(機関)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。海技士(機関)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



海技士(機関)の資格取得ガイド

海技士(機関)とは、船のエンジン類の機械および船内の機器の運航および管理・点検を行い、船の安全運航に努める。1~6等級に分かれ、資格取得には試験のほかに免許講習の受講が必要となる。

資格区分

国家資格

受験資格

海技士(機関)の受験資格は以下の通りです。

船舶の航行する区域や船舶の推進機関の出力の区分ごとに、それぞれ乗船履歴が定められている。詳しくは船舶職員法施行規則を参照。

資格試験内容

[試験内容]

[学科・筆記]
[機関に関する科目(その1)]
(1)出力装置
(2)プロペラ装置
[機関に関する科目(その2)]
(1)補機、電気工学および電気装備
(2)自動制御装置
(3)甲板機械  ほか
[機関に関する科目(その3)]
(1)熱力学
(2)製図(3・2級)  ほか
[執務一般に関する科目]
(1)等力・保安・機関一般
(2)英語(5から1級)  ほか
[学科・口述]
筆記試験合格者を対象に行われる
[身体検査]
(1)視力
(2)聴力
(3)眼疾患の有無
(4)疾病および身体障害の有無

受験申込期間

定期試験:試験開始日の35日前~15日前。2月試験は40日前~15日前まで。臨時試験:試験地の各地方運輸局が公示。

試験実施日

定期試験:4月、7月、10月、2月。臨時試験:試験地の各地方運輸局が公示。

試験地

全国11ヶ所

受験料

[学科・筆記]2400~7200円。[学科・口述]3000円~7500円。[身体検査]870円。

合格率

資格関連書籍

海技士(機関)関連の人気書籍

お問い合わせ先

海技士(機関)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

国土交通省各地方運輸局海上安全環境部労働環境・海技資格課

海技士(機関)について

海技士(機関)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。海技士(機関)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。