小型船舶操縦士

小型船舶操縦士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。小型船舶操縦士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



小型船舶操縦士の資格取得ガイド

小型船舶操縦士とは、20トン以下のエンジンやモーターで動く船を操縦するために必要な資格。免許の種類は船の大きさと航行区域の違いで4種類に分けられる。近年は、マリンスポーツ等を行う人たちが増えたことから、女性の資格取得者も多くみられる。

資格区分

国家資格

受験資格

小型船舶操縦士の受験資格は以下の通りです。

試験が始まる日の前日までに下記の年齢に達していること。
[1級]17歳9ヶ月(18歳)
[2級・2級(湖川小出力)・特殊]15歳9ヶ月(16歳)
※ボート・ヨット用の[1・2級]と、水上オートバイ用の[特殊]に分かれる。

資格試験内容

[試験内容]

[身体検査]
身体検査に合格できなければ、学科・実技の受験はできない。
(1)視力
(2)弁色力
(3)聴力
[学科試験]
各級ごとに次の通り
[1級]
(1)小型船舶操縦者の心得・遵守事項(一般)
(2)交通の方法(一般)
(3)運航(一般)
(4)運航Ⅰ(上級)
(5)運航Ⅱ(上級)
[2級]
[1級]の(1)~(3)に同じ
[2級(湖川小出力限定)]
(1)小型船舶操縦者の心得・遵守事項(湖川小出力)
(2)交通の方法(湖川小出力)
(3)運航(湖川小出力)
[特殊]
(1)小型船舶操縦者の心得・遵守事項(一般)
(2)交通の方法(特殊)
(3)運航(特殊)

[実技試験]
各級ごとにつぎの通り
[1・2級]
(1)小型船舶の取扱い
(2)基本操縦
(3)応用操縦
[2級(湖川小出力)・特殊]
(1)小型船舶の取扱い
(2)操舵

受験申込期間

試験実施日

[1級・2級・特殊]毎週1回。[2級(湖川小出力)]月1回程度。

試験地

全国の主要都市約100都市

受験料

[1級]身体検査:3200円。学科試験:5900円。実技試験:18600円。

合格率

90%

資格関連書籍

小型船舶操縦士関連の人気書籍

お問い合わせ先

小型船舶操縦士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本海洋レジャー安全・振興協会
http://www.jmra.or.jp

小型船舶操縦士について

小型船舶操縦士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。小型船舶操縦士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。